MANGO (feat. MINMI)

  1. MANGO (feat. MINMI)

「大門弥生」の記念すべきソロデビュー15曲目のNEW SINGLE は、2020年3月にリリース予定と二枚組2nd EPからのリード曲。
大門弥生と同じ関西出身で、女性シンガーのレジェンド的存在であり尊敬する「MINMI」を客演と作詞プロデュースに迎えた2019年を代表する踊れる最新曲。ジャマイカで生まれたレゲエの王道を行くサウンドに乗せたキャッチーなメロディと歌詞が見事にハマるダンスホールチューンはフルーツをキーワードにした甘酸っぱい恋愛ソング。
世界で活躍する世代を超えたダンスホールクイーン二人、大門弥生とMINMIがロサンゼルスでレコーディングした二人の歌唱力が気持良い元祖DIVAと新世代DIVA候補が2019年のBEST OF 踊れるダンスチューンを放つ!

誰の記憶にもある甘くて美味しいフルーツと恋の味。
また、いつもとは違った甘酸っぱいフルーツと恋の味。
想い出と共に蘇るあの時のフルーツの味とあの子の笑顔。
そんな、乙女心を「大門弥生」と「MINMI」がデュエットで歌に表現した曲がクリスマス前の煌びやかな街にぴったりのタイミングでリリース。

大門弥生

Singer / Song Writer / DJ / Producer JAPANESE FEMINIST 強めの女子代表。関西弁で歌う、ヒールで仁王立ち、濃いめのリップに黒髪が日本一似合う女性アーティスト。 ブラックミュージックに強く影響を受け、ダンスを武器に作詞作曲、トラックメイク、振り付けまで全てをセルフプロデュースし活動。 2017年、同時リリースした「Choose Me feat Reichi 」「メロンソーダ feat Rei©hi」が話題となり、YouTubeは合計 “300万回” 以上再生され、Choose Me は iTunes レゲエチャート 1位を獲得。 多数のテレビやラジオでも取り上げられ、音楽番組(FUJI TV)「LOVE MUSIC」ではスタッフが選ぶ期待のアーティストとして番組史上初めてインディーズアーティストとして選ばれた。ソロ活動後、国内外で年間80本以上のLIVEを行い日本のストリートシーンに頭角を現した。 クラブシーンでは DJ×LIVEという、オリジナルダブ(音源)やMCも織り交ぜたオリジナルスタイルでのステージで観客を魅了。今現場で最も注目されるアーティストの一人である。 2018年には、関西の兄貴分的存在の「SHINGO★西成」プロデュースで『ヒールで仁王立ち』をリリース。 続けて、FEMINIZMをテーマに『NO BRA! feat.あっこゴリラ』をリリース。MUSIC VIDEOは瞬く間に100万回再生を超える。 この二曲は今後の大門弥生のイメージとなる”女が無理とか出来ないとか偉そうに言ってたん誰かな~?!!”、”My Pussy My Choice”など彼女の叫びはステージでも客を圧巻させるほどのパワーを持ち、「強め女子」として、世界各国の女子達から支持を受けている。 また、FEMINISTとしての活動として、2015年より、女性アーティストの向上を目指し出演者が女性のみのイベント 「GIRL’S POWER」をプロデュース開催。 2013年にソロとしてのキャリアをスタートさせて彼女だが過去には、10代という若さでありながら大阪のクラブシーンにてHIPHOPダンサーとして数々のイベントに出演。 更には、テレビ東京 ”ウェルカムTV” で2000組の中から選ばれ”rhythmic”としてのメジャーデビューも経験している。(HEY×3 などの番組の主題歌も担当した。) 歌手活動の傍ら、avexでダンスインストラクター・振付師としても契約をしておりa-nation など、数々の大舞台のプロデュースも行う。 そして、今年 2019年7月『First Class Bitch』をリリース! 2019年4月から制作活動とアーティストとしての向上を目指しカリフォルニアに渡米。更にアップグレードされた大門弥生の今後に日本の音楽シーンはかなりの期待が高まっている。

アーティストページへ

Schwaza Records