EVENIFのジャケット写真

歌詞

EVENIF

ID

小さくなり震えているの

いびつな形をしたジグソー

背に感じる 視線こそ いつも

雪のように身勝手に積もる

大人になり味気ない嘘も

夢と呼び 事実にしたけど

埋まらない 溝に 欲を

こんな姿は俺じゃないと 言う

もしも俺が

俺じゃなかったとしても

もしも君と

出会えなかったと しても

今は

Yes I can yes I can yes I can

Yes I can yes I can yes I can

Yes I can yes I can yes I can

Yes I can yes I can

手が 強く 覚えてんだあの時を

十分な程に 知り尽くしたはずの火を

自分と自分を切り離すのはいつも

自分じゃない誰かになりたいってその理想

繰り返す旅 辛く泣く意味も もう分からない

けど何故 今日もここにいるの?I and Soul

それでも容赦なく来る明日に

どこでもいいから俺の一部を認めさせ

叶うならお前らも笑うはず

決して消えない火 となり

その霞んだ目に 小さなエゴ押し通し

生きる意味となれ

分かんないよな 俺もさ でもそれ以上 に分からせたく足掻くビードロ の中

跳ね水面に映る 日が 映る影が

もし俺が

俺じゃなかったとして

もしも君と

出会えなかったと しても

今は

Yes I can yes I can yes I can

Yes I can yes I can yes I can

Yes I can yes I can yes I can

Yes I can yes I can

  • 作曲

    ID

  • 作詞

    ID

EVENIFのジャケット写真

ID の“EVENIF”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    EVENIF

    ID

過去プレイリストイン

EVENIF

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2020年11月27日

アーティスト情報

  • ID

    高知県出身。191cm。ヒップホップアーティスト/モデル。 2015年頃より音楽活動を開始。幼い頃より育んできた音楽センスと世界観から放たれる、従来のセオリーにとらわれないジャンル・時代を超越した独自のラップスタイルが、クラブシーンで一躍注目を浴びる存在となる。 その間、数々のMC バトルにも参戦。完全即興でありながら、楽曲のような独創性に富んだ完成度の高いフリースタイル、持ち前のキャラクターやその圧倒的な存在感で、瞬く間にその名を全国へ轟かせ、その結果、人気番組テレビ朝日系「フリースタイルダンジョン」3代目モンスターに抜擢されるなど、次世代を担う異才のヒップホップスターとして人気実力ともに不動の地位を確立する。 また、音源の方でも、自身の1st EPとなる『instant dope EP'』では、配信・ストリーミングで異例のロングセラーとなる一方、DISC盤においてもオンラインストアのみでの販売にも関わらず、全国流通クラスの出荷枚数を記録。デジタル世代にフィジカルでも反響を呼ぶという、まさにIDが表現する全ての"言動・物事"が 「ID:アイデンティティー(身分証)」 に成りえることを証明。 そして2019年秋には、本人率いるクリエイターチーム「NhotL」で制作した、待望の最新アルバム『INSTANT DOPE 10000ft』を発表。リード曲『10000ft』など、よりジャンルレスに新たなラップの可能性を示した楽曲が話題となる中、2020年さらなる次のステージに立つべく、独自路線を貫く個性派ヒップホップアーティストを輩出するプロダクション「JCC TOKYO」に加入。現在、新たな証明 = "NEW ID" を提示するべく様々な計画を進行中。

    アーティストページへ


    IDの他のリリース

JCC TOKYO

"