その先を追うのジャケット写真

歌詞

サヨナラを告げる

Accént

君がもう居ない

このモノクロ世界で

息をすることも

忘れてしまいそう。

もう届かない

もうふれられない

もう心が折れそう。

おそろいだった

君との日々も

一人で抱えなくちゃ。

最後にはいくつもの

後悔だけが残る。

まだサヨナラも言えてないのに。

思考停止して

もう何も見えなくて

当たり前とか

この世にはないんだってさ

置いてかないで、

ひとりじゃないよ。

何も見えない。

ゆっくりでいい。

泣いていいかな

我慢しないで?

一緒にいてくれたね。

君はもうここに居ない。

嘘だと笑ってよ、ねぇ。

時計の針が進まないの。

思考停止して

何もみたくはないの

信じたくないことばかりが

現実(リアル)で。

消化できないこの気持ち、

どうしたら楽になるの?

ひとりでも答え探さなくちゃ、

少しずつでも。

君以外もう 何も望まないから。

そんな弱音は今(ここ)に

捨てていくから。

思考停止して

まだ何も見えない。でも

そんな世界で

ひとりでも生きれるように

声が聞こえる

『あの日にはもう』

もう大丈夫、

『戻れないから。』

聞こえてるかな、

『強く生きてね。』

君にサヨナラを告げるよ。

  • 作曲

    カノン

  • 作詞

    ハル

その先を追うのジャケット写真

Accént の“サヨナラを告げる”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Accéntは2021年で結成5周年を迎える。待望の3rdリリースは「サヨナラを告げる」「desperate」「空を見上げて」「幽霊さん」の4曲を収録したミニアルバム。
小学生の時から作詞作曲を始めて、中学生になった彼女たち。歌詞の内容も、楽曲の雰囲気も成長を感じられるものとなっている。
タイトルとなる「その先を追う」には、全ての楽曲に共通したメッセージである「うまくいかないことや自己嫌悪、決して無くならない絶望の先を追う」という力強いメッセージが込められている。同世代の多感な時代を生きるすべてのリスナーに届けたい。

アーティスト情報

  • Accént

    東京・埼玉を主に活動するAccéntは現在中学生の3ピースバンド。Gt&Voのカノン、Baのハル、Drのフミはそれぞれ受賞歴もあり、演奏力は折り紙付。若年ながらも2007年の結成からすでに5年目を迎える。YouTubeでの生配信ライブも本格的で、同世代から強い共感を受ける楽曲は彼女たちの等身大のメッセージが込められている。

    アーティストページへ

"