一升餅のジャケット写真

歌詞

G.B.W.

くずれ餅屋

流行りの色のベージュ

私には合わないの

そう言ってたね

君にもしも会える

時が来たとしたって

どうすればいい?

黄昏色した思い出に呆れてた!

グッバイ、ワールド

グッバイ、ワールド

この街を去ろう

グッバイ、ガール

グッバイ、ガール

いつの日か君を忘れても

誰も構わないんだよ

ふと気がつけばまた

すれ違ったらと想う

ぼくがいる

汗ばんだ背中を

夜風が通り抜けた夏のまま

朝焼けを受けた その頬に

見惚れてた

グッバイ、ワールド

グッバイ、ワールド

この星を去ろう

グッバイ、ガール

グッバイ、ガール

いつの日か君を忘れたら

ぼくがぼくじゃなくなるよ

黄昏色した思い出に呆れてた!

グッバイ、ワールド

グッバイ、ワールド

この街を去ろう

グッバイ、ガール

グッバイ、ガール

いつの日か君を忘れたいよ

魔法がとける前に

  • 作曲

    門野 悠帆

  • 作詞

    門野 悠帆

一升餅のジャケット写真

くずれ餅屋 の“G.B.W.”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    六角橋ランデヴー

    くずれ餅屋

  • 2

    アルタイルの恋

    くずれ餅屋

  • 3

    in early youth

    くずれ餅屋

  • 4

    前口上

    くずれ餅屋

  • 5

    愛、ピアニシモ

    くずれ餅屋

  • 6

    踊りませんか、次の駅まで (feat. たそたる)

    くずれ餅屋

  • ⚫︎

    G.B.W.

    くずれ餅屋

  • 8

    コーヒーブレイク

    くずれ餅屋

  • 9

    潮騒のドリーマー

    くずれ餅屋

  • 10

    君の誕生日

    くずれ餅屋

  • 11

    ねむれよいこよ

    くずれ餅屋

  • 12

    六角橋ランデヴー (kasatoba Remix)

    くずれ餅屋

アーティスト情報

  • くずれ餅屋

    東京を中心に活動する"令和歌謡"シティポップバンド。大学在学中にFusion, Funk, R&Bなどのブラックミュージックを演奏するサークルにて出会う。卒業後、各々の音楽経験をもとに良質なポップスを創作したいという思いのもと結成。下町情緒を感じる楽曲から都会的なシティポップまで、幅広い音楽性と温故知新のサウンドが魅力。

    アーティストページへ


    くずれ餅屋の他のリリース
"