トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

私はロックバンドのギターボーカルをしてきました。
これまで実際に体験してきた事や、事象に対する自分の考えなどを曲にするような、多くの人がそうするのと変わらないミュージシャンでした。

それが今回テーマにしたのが、四大元素。

あなたは四大元素について、言葉や絵で説明できるかもしれない。しかし、音楽で説明できますか?

四大元素を説明するのに、使い慣れた機材を使っただけで、ロックもポップもありませんでした。
例えばHR/HMのような歪みも、元素の表面を炙り出すような表現の為に使いました。
水の揺らぎや空間を表現するのに、ピックでは無く1円玉を使って弦の響きを調整したりもしました。

この作業は、闇雲に空中に浮かぶH2Oをつかもうとするようなものでした。
核に向かうけど、全く分からない。
だんだんと手の中に手触りを感じると、段々とそれが大きくなっていく。
要素は非常に小さいものでは無く、あまりにも大きいものだったことに気づく。

そんな作業でした。


物事の始まり、物質化する前の世界。
四大元素についての一つの回答がここにあります。

アーティスト情報

  • 鈴木健司

    作曲家/シンガーソングライター 2009年〜2011年:弾き語りを中心にしたソロプロジェクト。新宿路上では「下手くそ!もっと上手くなれ!」と罵声と砂利銭を投げつけられてから1年で$100チップをもらうまでになる。 Vo/gt、Ba、Dr、Vn.という特殊編成ロックバンド。無性別、中性的な歌声と60-70年代ロックのような楽曲と世界観が特徴。 2011年からNYに数度渡米。2014年にモントリオール に移住。2016年帰国。 2017年:Vo/Ag、Fg、Perのアコースティック編成で活動。 2018年:知的障害者ロックバンド「スーパー猛毒ちんどん」に参加。 2020年:ドラムの牟田昌宏氏と新たに活動を開始。 音と味覚の新しい概念を生み出し、音楽制作事務所「時の醸造所」を立ち上げる。茶寮の空間演出や商品開発、味わいの音を聴き比べるインスタレーションの開催、次世代日本茶ブランドTEA'SICを立ち上げている。

    アーティストページへ


    鈴木健司の他のリリース

Monster Music Records