Dukkhaのジャケット写真

歌詞

Period

rowbai

週に一度入れ替わる

流れ落ちる 生まれる 痛み感じる

体が重い 傷ついてしまう

上がり下がりな 波にやられた

心の動き 横たわり寂しい

上がり下がり 元には戻らない

虚ろに感じる だるい つらいよ

たった今 なったよ 痛いよ

寝たい くらう一切 が心配

楽にしたい 困ってる

眠たい 重たい 一番狂う 迷惑かける

彼が呆れてる 冷たいか

うるさいと言われ慣れてる

それくらい我慢して癒やして

起きれない だるい体

うるさい人混みくさい嫌々

頭痛い 脈うってる

頭 はたら かないま ま無理

して悪化した 早くバファリン*ナ 効いて

寝ていたい 寝ていたい 寝ていたい 寝ていたい

流れ 落ちる減る こらえる波

流れ 落ちる減る 今日はしょうがない

流れ 落ちる減る この繰り返し

流れ 落ちる減る もう一度振り出し

流れ 落ちる減る 力入らない

流れ 落ちる減る 止まらないように

  • 作曲

    rowbai

  • 作詞

    rowbai

Dukkhaのジャケット写真

rowbai の“Period”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

自分の弱さと向き合うのは辛い。苦しみに支配される毎日を払い去ってくれるような音楽を作りたいと思い、
制作をスタートしたEP作品''Dukkha''。
鬱々とした精神状態の時に救われた、仏教の本から影響を受けコンセプトを練り、 歌詞にも仏教から学んだシンプルな教えが自分自身に言い聞かせるように取り入れられている。客演にはレーベルメイトであるラッパーのKuroyagiを迎え、混沌とした私たちの日常を別視点から表現してくれているようでもある。この作品が、誰かにとっての発散や癒しや気づきとなってくれたら私は幸せだ。

アーティスト情報

  • rowbai

    1996年生まれ。静岡出身、東京在住のMayu Inabaによるソロプロジェクト。 2018年11月にEP 《rowbai__》、2019年6月にEP《CHARCOAL》を配信リリース。 SSW / Trackmakerの垣根をこえて、打ち込みとギターや鍵盤の演奏、フィールドレコーディングなどの手法を柔軟に使い分け制作している。 ライブでは自由なピアノ即興を取り入れるなど一回性を重視したパフォーマンスが特徴。最近ではラッパーとの共作なども行い、新たな活動に挑戦している。

    アーティストページへ


    rowbaiの他のリリース

LOW HIGH WHO? STUDIO

"