Dukkhaのジャケット写真

歌詞

Dukkha

rowbai, Kuroyagi

<Kuroyagi>

怖がらなくていいよ

意地張らなくていいよ Hah

ためらっている日も

メモリーズを握って

さっきのが今キいてる

Neonが光る 良いね

愛を否定してる そういう冷めたモノの渦に飛び込む

放たれた銃弾

みんな死ぬまでRun

景色は通過していく

意識 Too Fast

弱い奴が人の価値を奪いに来るんだろうな

いつの日も君はQueenでいろよ

“今 夢の向こう”

「眠りたい」 でも眠れずに急ぐ

会いに行きたいから

<rowbai>

中身ない刺激 束の間の瞑想

見知らぬ誰かの痛みまで想像

聞いてよどうしようもない悲しみを

今ここにいる私こんなんでも

I don't know why

I don't know why

I'm gonna die

I don't know why

諦めた先の世界

朝浴びる太陽の光

記憶から集めた強さ

明らかになる現在

<Kuroyagi>

俺まるでコンピュータのバグ

彼らの眩しい未来にFuck Yeah

良い画を考えて歌う

みんなを残して一人きり

空からドラマを浴びて

気付けば身体も錆びて

光の中で腐って 流れ

一つに溶け合う愛おしい世界へ

  • 作曲

    Kuroyagi, rowbai

  • 作詞

    Kuroyagi, rowbai

Dukkhaのジャケット写真

rowbai, Kuroyagi の“Dukkha”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Dukkha

rowbai, Kuroyagi

自分の弱さと向き合うのは辛い。苦しみに支配される毎日を払い去ってくれるような音楽を作りたいと思い、
制作をスタートしたEP作品''Dukkha''。
鬱々とした精神状態の時に救われた、仏教の本から影響を受けコンセプトを練り、 歌詞にも仏教から学んだシンプルな教えが自分自身に言い聞かせるように取り入れられている。客演にはレーベルメイトであるラッパーのKuroyagiを迎え、混沌とした私たちの日常を別視点から表現してくれているようでもある。この作品が、誰かにとっての発散や癒しや気づきとなってくれたら私は幸せだ。

過去プレイリストイン

Dukkha

Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2021年11月19日

アーティスト情報

  • rowbai

    1996年生まれ。静岡出身、東京在住のMayu Inabaによるソロプロジェクト。 2018年11月にEP 《rowbai__》、2019年6月にEP《CHARCOAL》を配信リリース。 SSW / Trackmakerの垣根をこえて、打ち込みとギターや鍵盤の演奏、フィールドレコーディングなどの手法を柔軟に使い分け制作している。 ライブでは自由なピアノ即興を取り入れるなど一回性を重視したパフォーマンスが特徴。最近ではラッパーとの共作なども行い、新たな活動に挑戦している。

    アーティストページへ


    rowbaiの他のリリース
  • Kuroyagi

    神奈川県川崎出身在住のヒップホップ・ラップアーティスト。 トラックメイクも自身で行いインダストリアルな手法で作る彼のトラックの冷たい質感と人間の本来持つ意識を言語化されたようなリリックに ユーモアを感じる。パンクイズムとラップとノイズが交錯し、現行のラップのフロウも自在に扱うアーティストは日本では稀で唯一無二のスタイルを持っている。

    アーティストページへ

LOW HIGH WHO? STUDIO

"