ユーフォリア

  1. 魔法使いの恋
  2. Rainy Step
  3. 夏の抜け殻
  4. FEEL SO GOOD, 無問題
  5. フライデイ・アンセム

ソロアーティスト『LUA』、待望のファーストミニアルバムがついに完成。リードトラック「魔法使いの恋」がラジオ番組内で川谷絵音氏から絶賛を受けるなど、発売前から大きな反響を呼ぶ今作。「ユーフォリア」というアルバムタイトルにふさわしい"多幸感"溢れる作品となっている。

LUA

LUA (ルア)・・・シンガーソングライター、ギタリスト。2歳~4歳まで、ハワイのホノルルで過ごす。元エレクトーン講師の母親、元ベーシストの叔父の影響で、幼少期から音楽が身近にある環境で育った。12歳の時にギターを始めて、13歳で初のオリジナル曲を完成させる。16歳~21歳までは、ロックバンドのフロントマンとして活動。バンド活動や本名名義でのソロ活動を経て、2018年からはソロプロジェクト「LUA」として精力的に活動中。これまでに数々のバンドコンテストで優秀賞や審査員特別賞などを受賞している。『EMI Records Presents REVOLUTION ROCK』では応募者約4000組の中からファイナリストに選ばれ、渋谷マウントレーニアホールで演奏する。この時、審査員だった亀田誠治(ex.東京事変)氏から絶賛を受ける。また、COUNTDOWN JAPANの出演をかけた『RO69JACK 2013』 『RO69JACK 2016』では、通算2度に渡ってファイナリスト選出&入賞を果たす。2018年~2019年現在、JFNラジオ『川谷絵音の約30分我慢してくれませんか』でLUAが定期的にピックアップされており、今までにLUAの音源が5曲オンエアされている。放送終了後は毎回大きな反響があり、川谷絵音氏からも絶賛を受けている。『この歌と声でいけば、今のメジャーシーンの人たち、ほとんど負けるんじゃないですか?そのへんで売れてるバンドとか死滅するんじゃないですかね。by川谷絵音(ラジオ番組内でLUAについてコメント)』

アーティストページへ

CAT TONGUE RECORDS