Camino de Santiago 〜天の川〜 (Live at エル・フラメンコ、新宿、2016)のジャケット写真

Camino de Santiago 〜天の川〜 (Live at エル・フラメンコ、新宿、2016)

-

片桐勝彦

Camino de Santiago 〜天の川〜 (Live at エル・フラメンコ、新宿、2016)

  1. Camino de Santiago 〜天の川〜 (Live at エル・フラメンコ、新宿、2016)

フラメンコギタリスト片桐勝彦、新宿エルフラメンコにおけるライブ録音。2016年4月27日。
この曲 Camino de Santiago(天の川)はタランタの形式で作られています。
キリスト教の三大巡礼地の一つ、サンティアゴ・デ・コンポステーラに続く巡礼路は Camino de Santiagoと呼ばれ、スペインでは天の川の意味で使われています。

片桐勝彦

片桐 勝彦(かたぎり かつひこ) フラメンコギタリスト。1966年静岡県熱海市生まれ・東京育ち。 幼少の頃よりヴァイオリンを始め、その後ギターを独習。中学時代にロックグループ A-JARI を結成し、ヤマハ主催のコンテストに入賞。 その後ジャズギターを経て、明治大学江波戸昭ゼミナールで世界の民族音楽を学ぶ。 また、在学中にフラメンコギターを始め、'88年短期渡西。帰国以後は、舞踊伴奏を中心に各地のフラメンコ教室、劇場、タブラオ等で活躍。 '98年長期渡西。ミゲル・アンヘル・コルテス、パコ・アリアガ等に師事。現地のタブラオやラジオ出演の他、ファナ・アマジャの教室伴奏などで好評を博す。 2000年末に帰国後は、舞踊伴奏のかたわら、他ジャンルとの共演やEstudio ROMEROを主宰、後進の指導にも力を入れている。 これまでに千葉テレビ「いきいきヤング」、日本テレビ「ニュースプラス1」、TBS「旅・わくわく」、フジテレビ「笑っていいとも」、TV宮崎「みやこんじょ」、NHK-BS2「音楽のある街」、WOWOW「E!to go」、LOVE-FM「INSIGHT」、J-WAVE「GOODDAY MORNING TOKYO」等に出演。 また、カルピス「スナップル」のCM出演や、Vシネマ「母のない里」のテーマ音楽作曲など様々な分野で活躍。 主な共演者(フラメンコ):J・M・カニサレス、C・フェルナンデス、E・パントーハ、E・エストレメーニョ、V・コルテス、P・マジャ、他多数。 (フラメンコ以外):ゲイリー芦屋、木の実ナナ、サイゲンジ、スパニッシュ・コネクション、coba、天野清継、渡辺えり、川原亜矢子、伊丹雅博、沢田研二、南野陽子、汀夏子、湯原昌幸、他、多数。 使用楽器は2003年製アントニオ・マリン、1987年製ヘルンディーノ、1998年製コンデ・エルマノス、他。 民俗音楽グループ「ちりくマルカ」メンバー。日本フラメンコ協会理事。

アーティストページへ

Estudio ROMERO