Communicationのジャケット写真

Communication

トラックリスト

  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

尼崎市出身のラッパー"テークエム"による、ファーストから約2年ぶりとなるセカンドアルバム。前作同様BACHLOGICのフルプロデュースの本作は、この二年間に起きた大きな環境の変化と、それに伴う激動の感情をベースに制作された14曲がパッケージされている。

客演には、盟友のR-指定(CreepyNuts/梅田サイファー)をはじめとし、Kvi Baba、鋼田テフロン、ELIONE、Pecori(ODD Foot Works)、おかもとえみ(フレンズ)らが参加。

過去ランキング

Communication

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 1位 • 2023年10月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 3位 • 2023年10月19日 iTunes Store • 総合 トップアルバム • 日本 • 24位 • 2023年10月19日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • ベトナム • 66位 • 2023年10月31日 Apple Music • 総合 トップアルバム • 日本 • 79位 • 2023年10月19日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 台湾 • 186位 • 2023年10月20日

Okay

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 36位 • 2023年10月19日

Good Change

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • オーストラリア • 46位 • 2023年11月22日

過去プレイリストイン

Okay

Spotify • +81 Connect: J-Hip Hopの「今」と「その先」 • 2023年10月18日 Spotify • The Pulse of J-Rap • 2023年10月22日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2023年10月20日

Jetpack

Spotify • Monday Spin • 2023年10月23日

Good Change

Apple Music • ヒップホップ ジャパン • 2023年12月4日 Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2023年10月20日 Apple Music • ニュー・ミュージック・デイリー • 2023年10月20日

アーティスト情報

  • テークエム

    テークエム 兵庫県尼崎市出身ラッパー/デザイナー。梅田サイファー所属。 喜怒哀楽を自由に往来する伸縮自在のフローに、刺激的なワードセンス、ユーモラスなロングライム、ポップネスとマッドネスを共存させるセンスが武器。 BACHLOGICをプロデューサーに迎えた梅田サイファー”トラボルタカスタム”(2019)を機に、同氏フルプロデュースのソロ1st EP"XXM"(2020),2ndEP"LABEL MUSIC"(2021),1stアルバム”THE TAKES”(2021)をリリースした。 梅田サイファーとしては、”THE FIRST TAKE FES vol.3”に出演し、自由なスタイルの一発撮り楽曲が話題となり同動画の再生回数が2700万回を突破。 そして2023年3月29日に梅田サイファーMajor 1stアルバム”RAPNAVIO”をSony Music Labels Inc.よりリリースし、メジャーデビュー。 インディペンデントであるソロプロジェクトとの2本柱で、大阪・東京を中心に活動中。

    アーティストページへ


    テークエムの他のリリース