のジャケット写真

FIRE

  1. へんなひと
  2. ネバーランド
  3. 閉店セール
  4. 全部、ロックのせいだ。
  5. 優先度ミー
  6. バイバイ、ブルーバード
  7. FIRE

須田洸7thアルバム。

最近の音楽がつまらない方→須田洸を聴きましょう。
最近の音楽がたのしい方→もっとたのしい須田洸を聴きましょう。

須田洸

1984年4月4日生まれ。中学生のころより弾き語りを始める。15歳のときにはもう高崎駅で路上ライブをしていた、筋金入りのストリート育ちである。 ​ 当初は『ゆず』に憧れ活動していたが、アコースティックギターを極めるべくアレコレやっているうちにブラック・ミュージックへ傾倒。戦前ブルースやクラシック・ソウルミュージック、ファンク等に強く影響を受ける。 自身の音楽性、プレイスタイルにもそれは存分に現れており、シンプルながら強靭にうねるリズムカッティングギターを武器としている。フィンガーピッキングにおいてもブルースからボサノバ、ラテンまで幅広く演奏することができる。 また、彼の紡ぎだす非常にキャッチーかつ美しいメロディは、幼いころより慣れ親しんだジャパニーズポップスの影響であろう。 ​ 国内ではCHAGE&ASKAやDEENといった、ボーカルの美しいミュージシャンを好んで聞いて育った。

アーティストページへ