RIVERのジャケット写真

歌詞

RIVER

団長×広末慧

夕暮れに染まる頃 もう少し待ってね

影の上を歩いてく

無邪気な笑顔 並んだランドセル

じゃれ合いながら 速さ競い合う

いつだって楽しくて 終わりがなくて

そんな風に思っていた

もう遅い時間 降りかけたシャッター

なんて言えばいいのかな

So faraway

遠ざかる 思い出に

いくつの夢を置いてきたのかな

あの日の景色 忘れないよう

何もかも飲みこんで 今日を生きてる

好きになれない 年1の集まりで

昔話に花を咲かせてる

諦める強さ 見つけた彼が

嬉しそうに語るんだ

ぼやけた視界で 押しかけたシャッター

空いた心 写して

今でも派手な色した髪を

切れないままじゃ本当はダメなのかな

写真の中の彼が言うよ

「俺だって伸ばしてた」

いつかは一つになることを

知りながら ただ 流れゆく

いつだってそう そばにある

見慣れた街の片隅で

変わらずにいてくれるその優しさを

RIVER 教えて

Day by day

今日 明日 明後日も

醒めない夢を見てちゃダメなのかな

ダメだっていいや またリセットして

ここから歩き出すよ

So faraway

遠ざかる 思い出に

いくつの夢を置いてきたのかな

あの日の景色 忘れないよ

季節が流れても

So faraway

過去 未来 思い出

そんなのはどうだっていいさ ありがとう

この瞬間を 感じながら

大切な時だけを あの川のように生きて

Always with you

  • 作曲

    広末慧

  • 作詞

    広末慧

RIVERのジャケット写真

団長×広末慧 の“RIVER”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

RIVER

団長×広末慧

  • ⚫︎

    RIVER

    団長×広末慧

唯一無二のハイトーンを武器に活躍するヴォーカリスト・団長と、ギタリスト・広末慧による異色の二人組が、新たなJ-ROCKの形を提示する意欲作。目の前で囁いているかのような繊細な団長の歌声でスタートするこの楽曲は、美しい情景が思わず浮かんでくるセンチメンタルなメロディと、バンドとしての新たな決意が込められたストレートな歌詞が見事にシンクロした王道のロックチューン。

ドラマティックに加速するバンドサウンドに乗せた「決して変わることのない川の流れのように夢を持ち続けていたい」という前向きなメッセージが、爽やかな余韻を残すと同時に、当たり前に過ごすことが出来た日常の大切さも感じさせてくれる。

アーティスト情報

  • 団長×広末慧

    2020年結成、ヴィジュアル・メタルシーンで唯一無二の個性を放つヴォーカリスト・団長と、ギタリスト・広末慧による異色の二人組ロックバンド。これまで団長が表現することのなかったストレートな歌声と、緻密に構築されたエモーショナルなギターロックが融合することで、新たなJ-ROCKの形を提示する二人の活動に要注目だ。

    アーティストページへ

glorydive

"