月の命日のジャケット写真

歌詞

夜明けの詩

Lyric Jack

小さい頃に描いた夢が

色彩と動きを纏う

徐々に崩れていく

何もかも何だか上手くいかなくて

考え事 想いは深く

明くる夜を見つめている

僕は少し怖くなって

幸せをいらった少年少女は

夜明け前涙拭いながら

後には引けないぜ

幸せが全然やって来ないなら

それを着飾らせて重みを増すだけ

届けてみたい

ただ届けていたい

そのまま走り出せ

大きすぎる夢は持たないようにしなさい

それよか人並みの幸せを願いなさい

優しい嘘までも止してください

大層な大人の証ですかね

一思いに人を想って

裏切られ帰って

柄にも無く一人泣く泣く

過去を振り返って

そんな夜があっていいのか

そんな夜があってもいいよな

いつか死ぬ時は

誰よりも一番綺麗な走馬灯を

大きいように見えて

ちっぽけな

高くみえて実は

酷く浅はかな

想いだけを訳に

小さいように見えて

大きな

永くみえて実は

酷く儚い

生涯を博打に打つ

開幕前夜に少年少女は

夜明け前涙拭いながら

後には引けないぜ

幸せが全然やって来ないなら

それを着飾らせて重みを増すだけ

届けてみたい

ただ届けていたい

そのまま走り出せ

  • 作曲

    森口楽絃

  • 作詞

    森口楽絃

月の命日のジャケット写真

Lyric Jack の“夜明けの詩”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

月の命日

Lyric Jack

アーティスト情報

VITO Record

"