エンドロールのジャケット写真

歌詞

主題歌(弾語りver.)

otokumo

今落っこちた一粒の

はじまりの合図は

誰にも聞こえやしないだろう

ひとりぼっちで走り出してた勇気は

いつまでもつか

この心臓のリズムで進んでいくよ

誰にも邪魔はさせないから

ひとりぼっちで

歌う僕のこと知れるのは

100年後か

終わらせないで 待ってる人がいる

泣いて声を出して

闇に吠える羊

僕はいつも恐怖不安が隣合う部屋で

眠っている

今落っこちた一枚の言葉のナイフが

心を壊してしまうなら

その痛みを伝えないようにするのは

僕だけの魔法

このボロボロの身体で進んでいくよ

誰にも真似はできないから

ひとりぼっちと

嘲笑う冷めた声を拾うのは

無駄な事だと

諦めないで 待っても戻らない

走れ息を入れて

闇を駆ける野良猫

僕はいつも強く悲しみを

抱き締めながら

笑顔でいる

聞いて風の声を

そこに混じる声を

触れて痛い場所を

柔らかい暖かい場所を

走れ前を向いて

闇を散らす光

求めた時にだけ現れる太陽に手を

伸ばしてみて

  • 作曲

    otokumo

  • 作詞

    otokumo

エンドロールのジャケット写真

otokumo の“主題歌(弾語りver.)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2020年6月~
TOKYO MX アプリ情報バラエティ「話題のアプリ ええじゃないか!」エンディングテーマ。

アーティスト情報

  • otokumo

    アーティスト名は音楽で人々の心を包みたいというメッセージをもつ。 アンニュイながらも温もりを感じさせる歌声と、物語のように情景が浮かぶ歌詞をのせたメロディアスな楽曲が持ち味。

    アーティストページへ

T-RECKLESS creative forest

"