エンドロールのジャケット写真

歌詞

キキット(弾語りver.)

otokumo

週末夜の山手線で

急に人が嫌いになる

“こんなふうになりたくはない”

部屋で眠るギターを

申し訳なさそうに弾くくらいなら

叩きつけてそのネックに

火をつけるさ

怖がらず一歩踏み出すことに

価値を見出していたけど

最近ワクワクドキドキの種がない

僕らの前に転がってるチャンスを

いくつ抱きしめられるかな

きっといつかはそうなんだ

いなくなる

怖いもんはない

僕らの道は狭くなる

身動きひとつとれなくなっていく

きっといつかはそうなんだ辿り着く

そのイメージを早く空に蹴り上げろ

頭の中に浮かんだ

とてもハッピーな景色を

どうすればこのスクリーンに

表現できるかな

僕らはどんどん考えて

カタチに変えてゆく力がある

だからいつでもそうなんだ凹まない

やればできてる

僕らの頭はデカくなる

使わないともったいないでしょ

だからいつでもそうなんだ諦めない

そのイメージを早く空に蹴り上げろ

  • 作曲

    otokumo

  • 作詞

    otokumo

エンドロールのジャケット写真

otokumo の“キキット(弾語りver.)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2020年6月~
TOKYO MX アプリ情報バラエティ「話題のアプリ ええじゃないか!」エンディングテーマ。

アーティスト情報

  • otokumo

    アーティスト名は音楽で人々の心を包みたいというメッセージをもつ。 アンニュイながらも温もりを感じさせる歌声と、物語のように情景が浮かぶ歌詞をのせたメロディアスな楽曲が持ち味。

    アーティストページへ

T-RECKLESS creative forest

"