瞬きのジャケット写真

歌詞

瞬き

brighym

いつも僕の奥の奥の方から

流れてくるメロディも

拙い言葉ではうまく歌えなくて

またしても口を閉ざしてしまう

表現者気取った捻くれ者

『素直になればいいのに』って

君は笑うだろう

瞬きのような世界を

七色より色々に染めて

儚い命よどうか輝きを見せて

君が思うよりもずっと

深い想いで膨らんだ言葉取り出して

きっと もっと ずっと抱きしめたら

壊れちゃうよな

どんな災いがいくらか心を

蝕むような時でも

胸の中に住む誰かを想えば

思い込みでも強さが生まれる

朝と夜とが混ざり合う街の

夢見心地な君の横で

明日を迎えよう

想定してた物語とは

違う世界と出会っても

いつか来るサヨナラにも

意味があると言えるから

誰にも証明出来ない

僕らだけにしか解けない

答えがあるよ

そっと だけど ギュッと

抱きしめるから

失くさないように

瞬きほど急ぎ足の夢

叶わぬほど囚われ 憧れ

転がり続けて

その先に何が見える

感じるまま

瞬きのような世界を

七色より色々に染めて

儚い命よどうか輝きを見せて

君が思うよりもずっと

深い想いで膨らんだ言葉取り出して

きっと もっと ずっと抱きしめたら

壊れちゃうよな

  • 作曲

    北川万登

  • 作詞

    北川万登

瞬きのジャケット写真

brighym の“瞬き”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    瞬き

    brighym

瞬き(まばたき)のように日々は一瞬にして過ぎていく。
儚い想いや命、大切な人達との繋がりを願い、目の前の日々を大事に過ごしていけるようにと歌った1曲。

アーティスト情報

"