トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

自身のアイデンティティを取り戻す “MY OWN BOSS”
アートと独創性をコントロールし、 独立して始めてのEPをリリース。

“一歩踏み出した勇気の先に、ホンモンの幸せが咲いている。”

東京を代表するクルーYENTOWNのラッパーJNKMNと
韓国のラッパーシンガーReddy、XLII、dubby bunny、D-BO¥S、Daddy Dragon、A.G.O、DJ KANJIのプロデューサーが参加。
Dancehall, Afrobeats, Hiphopを融合した大門弥生らしいオリジナル Kansai Bad Gyalスタイル。

現在プレイリストイン

Top Gyal

Apple Music • Errday

Chill Like A Midnight

Apple Music • ザ・ニュー・アジア

過去ランキング

My Own Boss

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 16位 • 2022年1月25日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 107位 • 2022年1月27日

過去プレイリストイン

M.O.B

Apple Music • ヒップホップ ジャパン • 2022年1月25日 Spotify • +81 Connect:J-Hiphopの「今」と「その先」 • 2022年1月26日 Apple Music • HIP HOP DNA NOW • 2022年1月29日 Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2022年1月28日 Apple Music • ニュー・ミュージック・デイリー • 2022年1月28日 Spotify • Monday Spin • 2022年1月31日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年1月30日 Spotify • J-Pop 新幹線 • 2022年1月28日 Apple Music • 最新ソング:J-Pop • 2022年1月28日 Spotify • New Music Wednesday • 2022年1月26日

Top Gyal

Spotify • EQUAL Japan • 2022年4月6日

アーティスト情報

  • 大門弥生

    The Queen of Japanese Bad Gyals is back! アジアに拠点を置く新チームと組む 大門弥生の新たなステップの目撃者となる。 Top Gyalは、シャイを脱ぎ捨て自分で自分をアップできるよう世界の女の子達に向けたエンパワーメントソング。 秋に出るEPからの1stシングルである。 EPには数々の国際的なアーティストが参加し、新しい “アジアンラティーノスタイル” を確立する。 今年の彼女の活動としては カルバンクラインの2021 A/W アジアの広告や 中国で行われる、初の女性限定ラップバトルの審査審を務める、などが予定されている。

    アーティストページへ


    大門弥生の他のリリース

YAYOI DAIMON / M.A.U Collective