未来 アジテーション

  1. 人生映画
  2. 指先
  3. 言葉以上に
  4. 誰になりたいわけじゃない
  5. 「日常」 (Remastering)
  6. 綺麗な嘘はバラさないでね
  7. 「雑草」 (Remastering)
  8. It's gonna be alright (2019ver.)

ギタリスト山岸竜之介 の1st Miniアルバム 「未来アジテーション」。
アルバムには、8曲が収録されており、5曲は新曲。
残りの3曲は1st EPに収録されている、”It’s gonna be alrightをLIVEアレンジバージョンとして10年来の盟友・ The Winking Owlでも活躍しているドラマー KenTとともに再度レコーディングされたものとなっている。
加えて、2018年6月にリリースさた「日常」と「雑草」がリマスタリング版として収録される。

未来アジテーションと名付けられたこの作品は、下を向かず明るい未来を目指してどんな困難も乗り越えて行くという気持ちを込めた作品となっている。
1曲目に収録されている”人生映画"は、山岸がこれまで歩んできた人生を歌詞に綴り、テレビ番組"熱中少年グランプリ”で活躍している際に作った楽曲を元に、LIFE IS GROOVEなどこれまでの活動を通して得た想いを唄った楽曲である。

現在を力強く切り開くミュージシャンの生き様をぜひ感じて欲しい。

山岸竜之介

大阪在住、現在20歳。 ----- 幼稚園年長のころ「さんまのスーパーからくりTV」にてCharとギターセッションをし一躍注目の存在となる。その後、プロのアーティストと共演を重ね、ギターの殿堂、EXPERIENCE PRS in JAPANへの出演も果たす。 ベースヒーロー・KenKen、ロックレジェンド・ムッシュかまやつと共に、世代を超えてグルーヴで繋ぐスーパーファンクバンドLIFE IS GROOVEにて、RISING SUN ROCK FES, SUMMER SONICや台湾の大型フェスなどへ多数出演、10代にして音楽の聖地Blue Note、Billboardでの単独ライブも果たした。 2019年1月には、Fender Guitarの招待にて、LAで開催された世界一の楽器SHOWでステージに立ち、5月にはアルバム "人生映画"をリリース。6月には世界的ピアニストの小曽根真と共にBlue Noteのステージに立つなど、活動の幅が広がっている。 愛器は、赤色のSLIP!!のフェスタレッドのストラトキャスターモデル、青色のFender American Performer Jazzmaster を使用している。

アーティストページへ

PARADOX, Inc.