のジャケット写真

SIDE 2 SIDE

  1. interlude -2011- (feat. Rickie-G)
  2. ヤッホー (Nyoki ver.) [feat. DOPING BAND]
  3. TIME SURFER
  4. 砂浜.com
  5. First With Love (feat. TetsuNishiuchi)
  6. interlude -さっさと-
  7. 恋のぼりん
  8. STAY STRONG (feat. 鎮座DOPENESS)
  9. HAVING FUN
  10. 一つの星
  11. TOUCH MY SOUL
  12. Highway Song
  13. バターフライ

Rickie-Gバンドのコーラスとして、鎮座DOPENESS & DOPING BANDのシンガーとして、HOME GROWNの最新シングルのメイン・シンガーとして、などなど・・・幅広いアーティスト達から素質を見出され、注目を集めていたCHAN-MIKAが待望の1stアルバム!
優しさと力強さを合わせ持つ、心地よいハスキーヴォイスと、REGGAE / SOULへの愛を感じる楽曲で彩られた本作は、作詞/作曲を本人が手掛けた全13曲を収録。エンジニアで拳POWAのKon “MPC” Kenや、ドラムでYukky、サックスで西内徹、Rickie-Gバンドや、DOPING BANDの面々といった、様々なミュージシャン達が参加したグルーヴィなバンド・サウンドに仕上がっている。

CHAN-MIKA

横浜出身。Clubカルチャーに触れ歌いはじめる。ファンク、ソウル、ジャズ、レゲエの生音に魅了されBAND活動する一方、ニューヨーク、ジャマイカ、オーストラリアでのセッションを重ね作詞、作曲、歌唱、オリジナリティーを探求していく。 その後Rickie-G BANDなどへのChorus workを経て鎮座DOPENESS率いる‘DOPINGBAND‘にMC・コーラスとして参加する。一方2011年 OASIS BOB MAREY SONGS DAYにおいて最優秀賞を獲得、2012年8月に1stアルバム『SIDE 2 SIDE」をリリースし、iTunes "BEST NEW ARTIST"(Reggae部門) を受賞した。 アルバムリリース後は自身の活動だけでなく、HomeGrown、KINGDOM☆AFROCKS、G2、NG HEAD、What’s Love?…の作品への参加や、自主レーベルnatural vibes recordsの立ち上げ、ROAD TO 横浜レゲエ祭 2013ではファイナリストまで登り詰める等、精力的に活動している。 ライブ・パフォーマンスにも評価を受けており、暖かみのあるファンシーなハスキーボイスと度肝を抜くファンキーなライブパフォーマンスはフェス〜ライブハウス、バーやカフェ、お祭りとステージを選ばずオーディエンスを取り込み、揺らしている。そして2013年12月、セルフプロデュースで制作された2nd Album『SUN TRACKS』を発売。現在最もタフでラフな新星女性シンガー“CHAN-MIKA”が今、ネクストステージへの一歩を踏み出す。

アーティストページへ

Natural Vibes Records