1. 窮奇
  2. 突破
  3. 快楽
  4. 叛キ仔
  5. 渾沌

自己嫌悪と頽廃、焦燥と破壊をテーマに東京地下で俄かに注目を集めるRinsagaのデビュー作。 Miru Shinoda(yahyel)と、Jan Urila Sas(jan and naomi)がプロデューサーを務める本作は、ノイジーで攻撃的な轟音、中毒性に満ちた幻覚的なサウンドによって、インダストリアル/グランジ/ポストパンク/テクノ/ノイズ/トラップといったジャンルの壁を軽々と横断するサウンドスケープを提示している。2020年東京地下からのダダ宣言。

過去プレイリストイン

突破

Spotify • Monday Spin • 2020年6月8日

Rinsaga

Rinsaga (リンサガ) 。1991年生まれ、東京育ち。インダストリアル/グランジ/ポストパンク/テクノ/ノイズ/トラップなどが渾然一体となった攻撃的かつ陰鬱なサウンドに、自己嫌悪と頽廃をモチーフにした詩世界を特徴とする。歳の離れた腹違いの二人の兄の影響で、Joy Division、Alice in Chains, Nine Inch Nailsなどに傾倒。10代後半よりヒップホップが流行っていたことで、ラップで詞を書くことから音楽を始めたが、就職とともに音楽活動を停止。自己嫌悪の日々の中、2018年にJan Urila Sasと、2019年にMiru Shinodaと出会い、Rinsagaとしての活動を開始。同年より、Soundcloudを通じて作品を多数公開、都内で精力的にライブを展開し、アンダーグラウンドなシーンで注目を浴び始める。2020年、デビュー作であるEP『輪-Rin』をリリース。

アーティストページへ