悲しみの果てに

  1. 悲しみの果てに

今回の楽曲"悲しみの果てに"は作詞作曲をSHINYA自身が担当を務め、編曲&プロデュースをKEI MATSUURA が担当している楽曲。
コロナの影響で様々な分野が大ダメージを受けた。当たり前がどれだけ幸せかを痛感した。しかし、だからこそ新しく立て直して行くには自分を含め若い世代が人任せではなく、自分達で変えていかなければ!と言う思いを込めたソウルフルな一曲。

SHINYA

兵庫県小野市出身 1992.6.4生 のシンガーソングライター。80sサウンドのR&Bに影響を受け2016年より音楽活動を開始。素直な心、謙虚な心、感謝の心をモットーに"心は一流"をテーマに活動しており、その心と歌声の化学反応で自分らしさを出せるように日々研究中。 不器用ながらも真っ直ぐにひた向きに歌うソウルシンガー。

アーティストページへ

Studio Sound Shot Tokyo