Tiny Musical (2015 Remaster)

  1. Overture
  2. Departure
  3. Parterre
  4. Seaside
  5. Lete
  6. Light Dance
  7. Sky
  8. Glim
  9. Moon
  10. Shorebird
  11. Light Dance - Home
  12. Remembrance
  13. Just a Few Minutes
  14. Smile

まるで夢をみているかのような、
淡い記憶の瞬間と、その連続。
音楽はただ心に流れてすっと溢れる。

小瀬村晶の大ヒットセカンドアルバム。
彼の持ち味である、どこか牧歌的でいて、すっと馴染んでいく音楽性に、開放感溢れるビートプログラミングが特徴的な Departure (T2)、瑞々しい電子音とギターサウンドが巧みに絡み合う Parterre (T3)、Afterglow の断片から作曲した Remembrance (T11)、そして今作のハイライトであり、彼のキャリアのなかでも代表曲となったピアノソロ作品 Light dance (T6) オリジナルヴァージョンを収録、そのどれもが独創的でいて、美しい楽曲の数々。
音楽がもたらすことのできる、ほんの小さな奇跡の証明。

小瀬村晶

1985年6月6日東京生まれ。在学中の2007年にソロ・アルバム「It’s On Everything」を豪レーベルより発表後、自身のレーベル「Schole Records」を設立。以降、ソロアルバムをコンスタントに発表しながら、映画やテレビドラマ、ゲーム、舞台、CM音楽の分野で活躍している。 主なスコア作品に、河瀨直美監督による長編映画「朝が来る」(カンヌ国際映画祭公式作品【CANNES 2020】選出)、ハリウッドで制作された海外ドラマ「Love Is__」、石田スイ完全プロデュースによる Nintendo Switch 用ゲームソフト「ジャックジャンヌ」、TBS系テレビドラマ「中学聖日記」、コンテンポラリーバレエ公演「MANON」、ミラノ万博・日本館展示作品などがあり、米Amazon オリジナル映画「ジョナス・ブラザーズ 復活への旅」や、フランス映画「Mais vous êtes fous(Losing It)」でも楽曲が使用されている。近年は、国際的なブランドとのコラボレーションが多く、LA MER BLUE HEART や、LAND ROVER、L'OCCITANE への楽曲提供、米アーティスト Devendra Banhart との共作や、アパレルブランド TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. のピッティ・イマージネ・ウォモでのランウェイでの使用など、特定の枠に収まらない独自の活動を展開している。 また、Spotify が発表する「海外で最も再生された日本人アーティスト/楽曲 Top10」に2017年、2018年連続でランクインしたほか、米国メディア「Pitchfork」、豪州新聞紙「THE AGE」、フランス公共放送「FIP」、カナダ公共放送「Ici Musique」にてその才能を賞賛されるなど、国内外から注目される作曲家である。

アーティストページへ

schole