のジャケット写真
“A perfect night for a Moondance” バイノーラル LIVE Master Recordingsのジャケット写真

“A perfect night for a Moondance” バイノーラル LIVE Master Recordings

-

“tsukuyomi”

“A perfect night for a Moondance” バイノーラル LIVE Master Recordings

  1. witching hour (Live Ver.)
  2. elevation (Live Ver.)
  3. pf Improvisation ~ it's a marvelous night ~ (Live Ver.)
  4. スロウ (Live Ver.)
  5. 赤い月と同じ夜 (Live Ver.)
  6. gt Improvisation 〜 silent sea ~ (Live Ver.)
  7. 星降る夜に (Live Ver.)
  8. am i (Live Ver.)
  9. endless job (Live Ver.)
  10. starless (Live Ver.)

sax奏者・庸蔵(yozo)率いる “tsukuyomi”(庸蔵's band style)初のLIVEアルバム
"A perfect night for a Moondance" Binaural LIVE Master Recordings
Release on 2017.3.12 !!!

アコースティックな8音が即興と組織されたアンサンブルを自在に行き来、LIVEアルバムは彼らの"生の魅力"を伝える待望のツール
また今回のレコーディングは、音楽録音に特化した最新のハイレゾ・バイノーラル録音システムで収録。ライブならではの一期一会の音、会場の中そのものの臨場感、観客と演者の言葉を超えた熱狂のコミュニケーションを高密度に記録した。ドキュメンタリーでかつ究極のライブレコーディング「バイノーラルアート」。時空を超えてライブの熱気があなたに届く。

"A perfect night for a Moondance"
~ムーンダンスにうってつけの夜~

2017.3.12 Release

庸蔵 Official HP http://yo-zo-sax.tumblr.com/

Member :
庸蔵(sax&conduct)
丸山力巨(gt)
梅田誠志(b)
清野雄翔(pf)
U-chan(vln)
只熊良介(ds)
村瀬 “Chang-woo” 弘晶(per)
ミズノミカ(voice)

VJ : Sukegawa(OVERHEADS)

Rec&Art Design:Yuuki Taguchi(ANIMA Products)
Recorded at 2015.6.5 in "Flamingo the Arusha"

-Recording Gear-
Binaural Mic: SAMREC 2700 Pro(SOUTHERN ACOUSTICS http://www.s-acoust.jp/)
Mic Cables : CHRONOS XLR (ANIMA Products http://www.anima-products.com/)
Mic Pre AMP: UH-7000(TASCAM http://tascam.jp/)
DSD Recorder: MR-2000S (KORG http://www.korg.com/)

“tsukuyomi”

“tsukuyomi”(庸蔵's band style)・・・  sax奏者・庸蔵(ヨウゾウ)がバンドを率いて行うプロジェクト。 編成が固定されているわけではないが8人編成による演奏が多く、丸山力巨(ガットギター)、梅田誠志(アコースティックベース)、清野雄翔(ピアノ)、U-chan(バイオリン)、只熊良介(ドラムス)、Chang-woo(パーカッション)、ミズノミカ(voice)がレギュラーとなり、庸蔵がsax及びコンダクトを担当。作詞作曲編曲もすべて庸蔵自身が手掛ける。  緻密に編曲されたアンサンブルにも関わらず、ライブならではの即興性が非常に高く、絶妙なバランスで唯一無二の世界を描き出す。2011年始動、ライブにこだわった活動で作品は作らなかったが、3年の蜜月ともいえる演奏期間を経て2014年にファーストアルバム”honeymooner”をリリース。 各分野の音楽通をうならせ、今だに売れ続けるアルバムとなっている。  2015年には東京ビックサイトにて行われた「東京モーターサイクルショー」では、イタリアの名門バイクメーカー「ドゥカティ」の新ブランド『スクランブラー』ブースでの楽曲製作および演奏を担当し話題となる。 庸蔵・・・sax奏者。作詞作曲アレンジも手掛ける。  Jazz界の鬼才・菊地成孔をはじめ、津上研太、藤原大輔各氏に師事。 浦上雄次(タップダンサー)、Rickie-G、オワリカラおよびタカハシヒョウリ、樽木栄一郎、大石昌良、木村イオリ(bohemianvoodoo)、Cana(Sotte Bosse)、Namioto(ex.cune 小林亮三)、原田茶飯事、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、諌山実生、イズミカワソラ、ほしばかなえ、エバラ健太など多種多様なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど、ジャンル分け不要かつ個性的なスタイル、メロディーと隙間を大事にした”歌うサックス奏者”として国内外で活躍。  2012年より、"tsukuyomi" 自らも出演してイベント「踊られる音」を定期的に主催。今までに、cro-magnon、bohemianvoodoo、toconoma、fox capture plan、ホテルニュートーキョー、Schroeder-Headz、Muff、SOUR、Massan×Bashiry、egoistic 4 leavesなどクラブジャズを中心に様々なジャンルに渡る豪華な共演者たちを迎え、サカナクションの映像チームとしても有名なVJチーム・OVERHEADS、またその音と映像からインスパイアされたオリジナルメニューを作る料理人ソウダルア(2016年瀬戸内国際芸術祭などで腕をふるう)を招聘。聴覚、視覚、味覚そのすべてで堪能する大人のダンスパーティーとして毎回大盛況となり注目を集めている。 Official Site: http://yo-zo-sax.tumblr.com/ 1at Album Trailer: https://www.youtube.com/watch?v=IjUjEZIo5U4 Music Video: https://www.youtube.com/watch?v=-RjQ1FZfGcc Live Movie: https://www.youtube.com/watch?v=PzU_V5q1F-Q

アーティストページへ

Yozo & ANIMA