MAYRAのジャケット写真

歌詞

青のロマンス

宮崎Mayra友紀子

夜風に乗って旅する

静かな波間 かけぬけ

どこまでも 続く地平線

輝く月明かりたどって

不思議な世界 青のロマンス

シラサギ舞う 天を仰いで

響きわたる 星屑のメロディ

はるか遠く 遠くかなたへ

流れ星に 願いをかけよう

空を超えて飛んでゆきたい

不思議な出会い 青のロマンス

風に舞いちる 花びらひとひら

あふれる思い 空高く届け

悲しみ全て涙に変えて

流れ星に願いをかけよう

空を超えて飛んでゆきたい

空を超えて飛んでゆきたい

空を超えて飛んでゆきたい

  • 作曲

    宮崎Mayra友紀子

  • 作詞

    宮崎Mayra友紀子

MAYRAのジャケット写真

宮崎Mayra友紀子 の“青のロマンス”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    Velas Içadas (Cover)

    宮崎Mayra友紀子

  • 2

    Circo Marimbondo (Cover)

    宮崎Mayra友紀子

  • 3

    Oceano (Cover)

    宮崎Mayra友紀子

  • 4

    Collaboration

    宮崎Mayra友紀子

  • 5

    Brisa do Mar (Cover)

    宮崎Mayra友紀子

  • ⚫︎

    青のロマンス

    宮崎Mayra友紀子

【MAYRA マイーラ = 海の星 海の世界と音の旅へ】

海をテーマに、ブラジル音楽4曲とオリジナル2曲の全6曲を収録。サウンドプロデューサーには日本のトップギタリストでもある平岡遊一郎氏、ミュージシャンは平岡氏に加えトップミュージシャンの原田芳宏(Steelpan), Matsumonica(Harmonica), Francis Silva(Per)氏らを迎える。宮崎Mayra友紀子に改名(2019に宮崎友紀子から改名)してからは初のアルバム、約5年ぶりとなる待望のニューアルバムとなる。

アーティスト情報

  • 宮崎Mayra友紀子

    8歳からクラシックピアノを習い音楽に慣れ親しむ。20歳の頃に初めてジャズバーに行ったことがきっかけでジャズに魅了され、ジャズシンガーを志す。2009年 米・バークリー音楽大学プロフェッショナルミュージックメジャーを卒業。さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト(2009)、岡崎ジャズボーカルコンテスト(2010)共にグランプリを受賞する。 2011年日本のブラジル音楽界を支えるRobson Amaral氏との出会いをきっかけに本格的にボサノバを歌い始める。2016年に発売されたRobson氏とのDuo Album「CRYSTAL BOSSA TOKYO」はAmazonボサノバ売れ筋ランキング1位となる。 2021年6月に約5年ぶりとなるニューアルバム【MAYRA】をリリース。サウンドプロデューサーには日本のトップギタリストでもある平岡遊一郎氏、ミュージシャンは平岡氏に加えトップミュージシャンの原田芳宏(Steelpan), Matsumonica(Harmonica), Francis Silva(Per)氏らを迎える。海をテーマに、ブラジル音楽とオリジナル曲の全6曲を収録。 Mayraの人間味あふれる楽しいステージは「誰をも元気にさせる音楽」といわれ、イベント、ライブやレコーディングなど様々なシーンで活躍する。Mayra(マイーラ)の意味は、海の星。

    アーティストページへ

MAYRA RECORD

"