ふれる、ときのしじまのジャケット写真

雨 高架の下 雨宿り

濡れたシャツ 腕に張りついて

雨のせいにして一休み

行きたくないよ あの場所には

雨になれず閉じ込められた

夏の空気が息苦しい

雨 見上げた目に飛び込んで

思わず溢れる雫ひとつ

ただ落ちる

落ちて跳ねる

空っぽになるのを待ってる

雨 今の気持ちを教えて

  • 作曲

    イワクニマユ

  • 作詞

    イワクニマユ

ふれる、ときのしじまのジャケット写真

イワクニマユ の“雨”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

鍵盤弾き語りで活動するイワクニマユの2年ぶりの音源。
弾き語りスタイルでは通算3枚目のアルバムとなる。

わたしのこころ、どこかの誰かのこころ。
閉じ込められているような、自ら漂っているような、まるでそこは「ときのしじま」

アーティスト情報

スイスイの丘

"