Lift Off のジャケット写真

Lift Off

-

BAD HOP

Lift Off

  1. JET (feat. G-k.i.d, Yellow Pato & Tiji Jojo)
  2. Double Up (feat. Tiji Jojo, Benjazzy, Vingo & T-Pablow)
  3. ICHIMANYEN (feat. YZERR, Vingo & Benjazzy)
  4. Poppin (feat. Benjazzy, YZERR & Bark)
  5. Dead Coaster (feat. T-Pablow, Benjazzy & G-k.i.d)
  6. Foreign (feat. YZERR & Tiji Jojo)

川崎を拠点とし、T-Pablow、YZERR、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.i.d、Vingo、Barkの8名のMCで構成されるヒップホップ・クルーのBAD HOPが、USの豪華プロデューサーたちとコラボした全6曲のEP『Lift Off』をリリース。ロサンゼルスでレコーディングされた本作に参加しているプロデューサーは、Murda Beatz、Metro Boomin、Mike Will Made-It、Mustard 、Wheezy、Turboという豪華な面々で、いずれも、ドレイクやミーゴス、ケンドリック・ラマー、ヤング・サグといった世界を代表するアーティストらのヒット曲をいくつも手がけているプロデューサー達である。
 日本のヒップホップ・アーティストにとっては史上最速となる武道館での単独公演を2018年に敢行、そして今年は全国5都市でのツアー「COLD IN SUMMER ZEPP TOUR」を成功させた BAD HOP。本作は常に高みのステージを目指す彼らが日本のシーンを掌握する次なるステップであると同時に、世界進出へ向けた大きな大一歩である。

BAD HOP

神奈川県川崎市を拠点とする、8MCによるヒップホップ・クルー。双子であるT-PablowとYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkのメンバーで構成される。T−PablowとYZERRはそれぞれ「高校生RAP選手権」での優勝経験を持ち、T-Pablowは現在テレビ朝日系列「フリースタイルダンジョン」に初代モンスターとしてレギュラー出演していた。まさに、ここ数年の日本語ラップ・シーンを牽引してきた存在だ。一方、彼らの地元である川崎の工業地帯である池上町は「日本で一番空気が悪い場所」とも言われ、BAD HOPのメンバーも幼少の頃から特異な環境の中で生活を送ってきた。2015年11月には彼らの日常に迫った映像メディアVICE JAPANによるドキュメンタリー・ムーヴィー「MADE IN KAWASAKI」が制作され、彼らへの注目度は上がっていく。 2016年3月には『BAD HOP 1 DAY』をネット上で無料DLのミックステープとしてリリース。その中に収録されたT-PablowとYZERRによるシングル「Life Style」のMVは現在Youtubeでの再生回数が約1100万回を誇り、彼らの勢いの強さを見事に裏付けた。2016年9月には『BAD HOP ALL DAY』を発表。無料配布CDという形態を取り、ゲリラ的に日本全国のアパレルショップやレコード店に配布された。取り扱い店舗には開店前から行列が出来、ネットークションでは高値取引されるなどの事態を起こしつつ、発表後わずか1か月で1万枚以上を配布。BAD HOPの存在感をより一層全国に知らしめる形となった。 2017年9月には初の全国流通となるセカンド・フルアルバム『Mobb Life』をリリース。 このアルバムはiTunes総合チャートで1位を獲得し、その後行われた初の全国ツアーである『Mobb Life Tour』も見事大成功を収めるなどBADHOPの名を一躍日本全土に轟かせた。 2018年4月にはZepp Tokyoにてワンマンライブ「BAD HOP HOUSE」を主催。販売当日に前売りチケットが完売するなどインディーズのHIP HOPアーティストとしては異例となる3000人以上を動員し、大成功を収めた。 その後発表したEP 「BADHOP HOUSE」もiTunes総合チャート1位を獲得するなど、その人気を不動のものとしていく。 そして2018年11月13日、初となる日本武道館でのワンマンライブ”Breath of South”を開催。 異例となる3ヶ月を切った状態での開催決定にも関わらず、チケットは約3時間で完売。 告知からステージング、演出までの全てをメンバー自らがDIYでこなしていき、約8000人の動員数を記録する大成功を納めた。 川崎から<20代のリアル>をラップに乗せて発信し続けるBAD HOPは今や、日本のシーンにおける一大ムーヴメントとも言える。常識では考えられないようなスピードで次々と新しい記録と歴史を築き上げている彼らの躍進は続く。

アーティストページへ

BAD HOP