Never Get Old

  1. マジでハイ
  2. Runnin'
  3. 風向き
  4. New Basic Case.1
  5. ゼンボー・レノン
  6. OSAKA ANZEN UNTEN
  7. New Basic Case.2
  8. 明日がある
  9. エピソード
  10. 決意
  11. Never Get Old

このフリースタイルブームを作った、西側の震源地でもあり、日本一ラップが好きな集団「梅田サイファー」。
R-指定 / KOPERU / ふぁんく / KBD / peko / KZ / ドイケン a.k.a. KennyDoes / コマツヨシヒロ / タマイコウスケなど、有数のプレイヤーを輩出してきた。

2013 年末にリリースした 1 枚目のアルバムは、 CD で 1000 枚、再プレスで 500 枚、
さらにダウンロードで 1000 DL と、ほとんど口コミレベルのインディーズにしては、
爆発的な売れ行きを記録。

2016 年にリリースをした事実上の 2ndアルバムである「UCDFBR sampler Vol.2」も
プレスでCD 500 枚を、瞬時に売り切り、現在は入手困難となっている。

「自分たちで日本語ラップに残るクラシックを作ろう」と始まった今回のプロジェクト。
前作から 2 年が経ち、メジャーアーティストになった「R-指定」や、
今なおバトル界隈で名を売り続けている「ふぁんく」や、
フリースタイルダンジョンでは4人抜きをした「peko」や、
1stソロアルバムが好調で関西ではLIVEに引っ張りだこの「KZ」や、
お互いが音源、LIVE、バトルで、さらに研鑽をしあった 2 年間だった。

トラックも今回は半数以上を外部に依頼し、LIBRO、DJ 松永、Jazadocument、Cosaquがトラックメイカーとして参加。
内省的な部分は極力廃し、力強いテーマと、お得意の強固なライムに素晴らしいグルーブ、さらに磨きがかかった日本語然としたフレーズ。

「これがクラシックじゃなきゃ、何がクラシックやねん」と言いたくなる、「マジでハイ」な最高の1枚となっている。

レペゼン歩道橋、日本語ラップ is Good Music 、俺らがただいま君がおかえり、ヘッズのみなさん、お待たせしました。
さぁ、また梅田サイファーの「Never Get Old」なラップを、お楽しみあれ。

DFBR