Grow Up

  1. Grow Up

一度耳にするともう心を離れない、そんなラブソング。
巷でウワサのジャンルレス・ユニット「変態紳士クラブ」のブレーン であるGeG(ジージ)主宰による新レーベル『Goosebumps Music』から、累計ストリーミング数1000万再生突破、 TikTokでの動画投稿3万件越えという現在スマッシュヒット中 の一曲である”I Gotta Go” feat. Hiplin, WILYWNKA & kojikojiに続く、第2弾シングルが到着。前作”I Gotta Go”に も客演参加し、GeGがその才能に惚れ込む関⻄出身の実力 派シンガーソングライター”Hiplin”(ヒップリン)の既発曲である 『Grow Up』をGeGプロデュースの元、新たに生まれ変わらせた 「一度耳にするともう心を離れない」、渾身のラブ・バラードとなっている。

過去ランクイン

Grow Up

Apple Music • J-Pop トップソング • フィンランド • 4位 • 2020年10月21日 Apple Music • J-Pop トップソング • スウェーデン • 13位 • 2020年8月31日 Apple Music • J-Pop トップソング • トルコ • 17位 • 2020年9月7日 Apple Music • J-Pop トップソング • ベルギー • 21位 • 2020年8月22日 Apple Music • J-Pop トップソング • インド • 25位 • 2020年11月23日 Apple Music • J-Pop トップソング • チリ • 29位 • 2020年8月24日 Apple Music • J-Pop トップソング • カザフスタン • 35位 • 2020年9月24日 Apple Music • J-Pop トップソング • マレーシア • 45位 • 2020年8月15日 Apple Music • J-Pop トップソング • スペイン • 49位 • 2020年8月14日 Apple Music • J-Pop トップソング • ノルウェー • 50位 • 2020年8月15日 iTunes Store • J-Pop トップソング • ロシア • 56位 • 2021年1月6日 Apple Music • J-Pop トップソング • ニュージーランド • 64位 • 2020年8月23日 LINE MUSIC • ソング Top 100 リアルタイム • 日本 • 64位 • 2020年8月7日 Apple Music • J-Pop トップソング • スイス • 73位 • 2020年8月22日 Apple Music • J-Pop トップソング • オーストラリア • 96位 • 2020年8月16日 Apple Music • J-Pop トップソング • チェコ • 105位 • 2020年8月16日 Apple Music • J-Pop トップソング • フィリピン • 106位 • 2020年10月23日 iTunes Store • J-Pop トップソング • 日本 • 108位 • 2020年8月8日 Apple Music • J-Pop トップソング • 南アフリカ • 111位 • 2020年8月21日 Apple Music • J-Pop トップソング • ロシア • 119位 • 2020年9月5日 Apple Music • J-Pop トップソング • 台湾 • 126位 • 2020年8月15日 Apple Music • J-Pop トップソング • イタリア • 133位 • 2021年1月2日 iTunes Store • J-Pop トップソング • アメリカ • 142位 • 2020年8月15日 Apple Music • J-Pop トップソング • イギリス • 147位 • 2020年8月15日 Apple Music • J-Pop トップソング • フランス • 161位 • 2020年8月21日 Apple Music • J-Pop トップソング • タイ • 161位 • 2020年8月16日 Apple Music • J-Pop トップソング • ドイツ • 167位 • 2020年8月16日 Apple Music • J-Pop トップソング • カナダ • 195位 • 2020年8月15日 iTunes Store • 総合 トップソング • 日本 • 199位 • 2020年8月8日

過去プレイリストイン

Grow Up

Spotify • Next Up • 2020年8月11日 Spotify • Teen Culture • 2020年8月7日 Spotify • Monday Spin • 2020年8月10日 Spotify • J-Pop 新幹線 • 2020年8月7日 Spotify • New Music Friday Japan • 2020年8月7日

GeG

GeGプロフィール 関⻄出身の音楽プロデューサー / トラックメイカー。中学卒業後、キーボードを始め音楽の世界へ足を踏み込む。岩井ロングセラー師の元で2年間の修行を積み、 そこからは空遥 / odd shop / ANADDA REBEL/YARD VIBESなど数々のバンドマン時代を経て、25 歳のLA&JAMAICAへの旅をキッカケに音楽プロ デューサーを志すことになる。プロデューサー・タグとも言える『GeG is Mellow』というワードのとおり、メローな楽曲を得意とし、強力なミュージシャンネットワークを 武器に変態紳士クラブの一員としても活動中。そんなGeGだが2017年オール・プロデュース作、第一弾となる変態紳士クラブ「ZIP ROCK STAR」をリリース。 彼らの代表曲となった「すきにやる」のヒットをきっかけに現在も進行中のロング・セラーとなり、総ストリーミング数は3,000万回再生を超えるスマッシュ・ヒットを記録。 そして2019年には、オール・プロデュース作、第2弾となる"GeGが愛すべき仲間達と奏でたメロウな楽曲のみをコンパイルした"プレイリスト・アルバム"「Mellow Mellow~GeGʼs PLAYLIST~」をリリース。アルバムとしてはApple Music ヒップホップチャート1位、同サイトの総合チャートでも2位を獲得。 収録曲の「Merry Go Round」は総ストーリミング数1,500万再生を超えるなど、令和元年を代表する一曲となる。そして、2020年3月にはGeG名義としての 第2弾シングルとなる「I Gotta Go」をリリース。令和時代の春を彩る定番曲となるであろうその楽曲は、TikTokでの動画投稿数が28,000件を超えるなど、さらに広いファン層を獲得に成功。 同年4月には、オール・プロデュース作、第3弾となる変態紳士クラブの2nd EP「HERO」をリリース。iTunes StoreではJ-Popチャートで第1位、総合チャートで2位を記録。中でも収録曲の”YOKAZE"は現時点で総ストリーミング数2,000万回を超えるヒット曲となっている。 また、ライブの現場でも、バンドマン時代のスキルを活かして、変態紳士クラブでは平成から時代が変わる3日間に東名阪のクアトロで開催された『"変態紳士舞踏会TOUR 2019“東名阪クアトロツアー”』や、令和2年2月2日に行われた"変態紳士舞踏会-2222-などをトータル・プロデュース。ソロ名義での開催となったGeG"Mellow Mellow~GeG'sPLAYLIST~" リリースSP”メロメロライブ~GeG's Live Set~”など、関わったイベント全てがSOLD OUTとなる大成功を収めている。

アーティストページへ

Hiplin

Hiplin (ヒップリン) 関⻄出身のシンガーソングライター、ギタリスト、トラックメイカー、サウンド プロデューサーなど、いくつもの肩書きを持ち、マルチな才能を発揮するアーティスト。 自身が歌う楽曲では、SOULやHIPHOP、それにREGGAE、BLUES、FUNKなどBLACK MUSICを軸に、等身大で寄り添いやすいリリックを乗せたポップスへと 昇華させている。またトラックメイカーとしては、ジャンルの壁を絞らない、多彩に飛んだ制作を行っており、近年は国内に限らず、海外アーティストへの楽曲提供など、プレイヤーのみならず裏方までマルチな活動を行なっている。 そして2016年にリリースした1st Mini Album"2ケツ"その中に収録されている1曲“Grow UP”を変態紳士クラブのプロデューサーであるGeGがAcoustic verにアレンジし、自身のアルバム”Mellow Mellow ~GeG's Playlist~"に収録したことをキッカケにHiplinの名が全国へ広まっていく。そして注目の新レーベルGoosebumps Musicからリリースされた、GeG “I Gotta Go”への 客演参加で、一気に注目のシンガーソングライターへと躍り出た、いま最も重要なアーティストのひとりである。

アーティストページへ

Goosebumps Music