トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

Shaolong To The Sky2022年の第2弾シングル。
1945年第二次世界大戦終結から70年経った2015年頃に生まれた曲。沖縄が本土復帰を果たした1972年、未だ日本本土と違い自動車は右側通行で運転席は左座席に設置されていた。
その左ハンドルのシートで至る所で抱かれたであろう沖縄の悩み、依然として変わらず残ったままの問題もあるでしょう。それはあの赤いウルトラヒーローを世に送り出した金城哲夫氏もそうだったのではなかろうか?という曲想からこの曲は生まれました。

アーティスト情報

  • Shaolong To The Sky

    2003年結成。G/VO 當山 貴史(トウヤマタカフミ)・Ba 上地gacha一也(ウエチ ガチャ カズヤ) ・Dr當間嗣篤(トウマツグアツ)が奏でるスリーピースロックバンド。 自ら主催するインディーレーベル真夜中レコーズより2枚のアルバムを全国リリース。日本全国、そして台湾の街を熱いライブで練り歩く。MONGOL800が開催したライブハウスツアー『MONGOL800 ga LIVE OKINAWA Live House Circuit 08』にツーマンで出演。毎年大阪ミナミで開催されるFM802主催イベント『ミナミホイール』や地元沖縄でのオリオンビアフェストinKOZAなど各地のイベントへも出演。 2008年オリオンビール社CMソングや2012年に沖縄クリーンコーストネットワーク主催のTOYOTAアクアプレゼンツビーチクリーンキャンペーンソングを担当。2013年 彗星の如くヒップホップシーンに現れ、触れる者達の心を次々と熱くしていくアーティストRODEOとのコラボレーション曲「fly into the sky」を配信リリースし、RBCiラジオ『SWAG RADIO』のエンディングテーマに起用された。2014年から2019年にかけ、琉球放送開局60周年記念時報ソングとして「愛の歌」が起用された。翌年からオリオンビール社 オリオン ザ・ドラフトいちばん桜PREMIUM、オリオン ザ・ドラフトPREMIUMシークヮーサーのCMソングとしてもタイアップしている。 沖縄に住みながら、マイペースで一歩ずつ活動を積み重ねていくインディペンデント精神は体の奥底にある熱いモノを刺激する。2015年世界遺産中城城跡にてロックフェス GUSUKU ROCK FES'15を開催し、初回にして「伝説の始まり」とナタリー等での各メディアでも取り上げられた。

    アーティストページへ


    Shaolong To The Skyの他のリリース

真夜中レコーズ