NOCTURNAL CITYのジャケット写真

NOCTURNAL CITY

KILLA NAMI, RUDEBWOY FACE & 句潤

トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

2019
日本のDANCEHALLシーンを牽引している
RUDEBWOY FACE と数々のMCバトルでタイトルを
手にし全国にその名を轟かせている句潤。
横浜を代表する両者がタッグを組み
同じ横浜出身のKILLA NAMIがBEATを担当。
”拳重ね夢を見る”
横浜のSTREETの歴史と文化、
そしてこれから先の未来をどう描くのか
彼らの胸の内、手のひらの中に
込めた思いを綴った異色作が今ここに...

アーティスト情報

  • KILLA NAMI

    アーティストページへ


    KILLA NAMIの他のリリース
  • RUDEBWOY FACE

    RUDEBWOY FACE> 横浜から世界中に向けて独自の世界観でRAGGAMUFFINを追求し続ける A1 CLASS DEEJAY!! 17才のデビュー時から一貫したRAGGAなSTYLEを貫き続け各方面様々なジャンルやアーティストの楽曲に参加し実力を証明してきた。 自身名義のソロアルバムも今までに5枚リリースし毎回大きな反響をよんでいる。 またライブ活動も勢力的に行い 全国各地を駆けまわる現場主義者。自身のレーベルMAGNUM RECORDSのアーティスト代表。 2013年12月にはMAGNUM RECORDS所属のRUEED AKANE とのシングル曲 『SHOOT TO KILL』もシーンに話題を呼んだ 2014年にはMix CD MagnumBeatをリリース 2015年にはStarBwoyWorksから Master OG Riddim. 同オケ に乗せた『Big Love』. 『Kingston Jamaica』.を同日リリースし 現場でも頻繁にプレイされている。 2017年デビュー20周年を迎え、自叙伝的作品『20th』と共に初のベストアルバム『The Best』をリリース。今やシーンのTopに君臨するRaggamuffin DeeJayから目を離すな!!

    アーティストページへ


    RUDEBWOY FACEの他のリリース
  • 句潤

    横浜生まれで横浜育ちの生粋の濱っ子。 中学生の頃「さんピンCAMP」の映像を観て、あまりのかっこよさに衝撃を受け、ラップを始める。 どんなトラックでも、キーに合わせて時に固く、時にメロディアスに言葉を紡ぐ。 普段の適当な会話からは想像できないような豊富な語彙力と、とても高い思考の瞬発力を備えており、UMB神奈川大会2015、2016と2連覇を始め、UMB2018THE CHOICE IS YOURS Vol.2優勝等数え切れないほどのフリースタイルバトルで好成績を収めている。 1st(street)ALBUM「未完の情景」さらにGL_WORDとして、1st(street)ALBUM「presistence of vision」やJAG-Z&句潤として、1st(street)ALBUM「THE GAP」をドロップしている。また、1st ソロALBUM「秋雨の宴」を2016.11月23日にリリースと精力的に活動中。 そして同じく横浜の泥酔系MPCバンド「MEATERS」のフロントマンとして、タクトの代わりにマイクを握り、変態達を指揮する。 MPC4台の音圧にも負けない喉を持ち、音源、バトル、LIVE全てにおいてフローや声質が安定している稀有な存在。

    アーティストページへ

Magnum Records