under toneのジャケット写真

歌詞

遠くへ

境 長生

ああ何処かで角度を少しだけ

間違えて

生きるほどにずれてゆく

見えなくなる

そう気づいたときから

新しい道を歩き

迷いながら悩みながらここまで来た

ああ恨んだ日や悔やんだ日も

あったけれど

それさえも何もかもが今の僕さ

僕はまだ翔べるよもっと遠くへ

まだ僕の足は走れるから

今誇れるものなど僕の中に探しても

いくつもないみつからない

おぼつかない

ただ一つだけ胸を張れるものが

有るとすれば

それはきっと巡り逢いと出逢いの数

ああ苦しいとき寂しいとき

惨めなとき

いつだって僕の唄を聴いてくれた

陽の暮れの空の下で誓った

ただあなた達へ伝えたい言葉は

僕はまだ翔べるよもっと遠くへ

まだ僕の道は続いている

ああこの頼りのない

僕のそばで生きてくれる

たくさんの人たちへ愛を込めて

  • 作曲

    境 長生

  • 作詞

    境 長生

under toneのジャケット写真

境 長生 の“遠くへ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

自身のプロデュースによる初の自主制作スタジオ録音盤

アーティスト情報

  • 境 長生

    1981年10月21日にビクターからデビューし、1980年代前半にシングル3枚、アルバム2枚を発表。その後は、ライブ活動を継続し、そのライブ映像のいくつかは、YouTubeで公開されている。また、自主制作CDを3枚発表し岩崎宏美には『五線紙の上』を提供する。

    アーティストページへ


    境 長生の他のリリース

upgrade

"