虫ノ息のジャケット写真

歌詞

虫ノ息

RenoVeightZ

絵にもならない 絵にもならない

くだらないこのシナリオに沿って

誰かの期待どおり 自分を演じて

乱さないように 乱れないように

嘘を並べてはとっておきのアイロニー

焼けつく喉痛めて

街の喧騒に いやそれ以上に

臆病な者どもが寄り添って

薄っぺらい 羽根を 擦り合わせて

あっという間に みんなおんなじ

音色奏でては 無機質なハーモニー

君だけに届けて

大空を 高く飛んで

君を守りたくとも

虫のように 虫のように

いくら叫んだって 息も出来なくて

Nothing comes from something I've done

取るに足りない 闇夜の願い

親指に悪魔が乗り移って

眩しくもない外灯の下 群れなして

ああいつの間に みんなおんなじ

能書き並べては とりあえず安堵して

朝を迎えるんだね

凍てついたその棘で

突き刺されたとしても

僕のために 僕のために

涙流したって 傷口開いて

Nothing comes from Something I've done

僕ら己の身を

守るため死んだふり

いつまでこのまま?

真実なんてもう羽根の音で

全てかき消された

誰のために 誰のために

いくら叫んだって 言葉にしたって

Nothing comes from something I've done

大空を 高く飛んで

君を守りたくとも

虫のように 虫のように

いくら叫んだって 息も出来なくて

Nothing comes from something I've done

  • 作曲

    TaKaRa

  • 作詞

    TaKaRa

虫ノ息のジャケット写真

RenoVeightZ の“虫ノ息”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

虫ノ息

RenoVeightZ

DTMロックユニットRenoVeightZの3曲入シングル。
異なる3タイプの楽曲を収録し、ロックを軸としながらもジャズ、ガレージ、ブルースなどを取り入れたRenoVeightZの幅広い音楽性が垣間見れる1枚。

アーティスト情報

  • RenoVeightZ

    オンライン上のみで活動するDTMロックユニット。 ロックを軸にジャズ、ファンク、ブルースなどを取り入れた哀愁感ある楽曲を展開。 2019年4月に1stアルバム「RENOVATION」、2020年6月に2ndアルバム「INVISIBLE」をリリース。 2020年10月より半年間活動休止したが、2021年4月より活動を再開しシングル「Highway」をリリース。

    アーティストページへ

"