トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

EDM、クラブ系サウンドをベースとしながらロボットボイスで歌い上げる特異なスタイル。世界中のどこにも無い、これぞ日本発「次世代テクノポップ」である。

アーティスト情報

  • コウラカツハル

    1990年代初頭「E-SCOPE」結成。東京アンダーグランドクラブシーンにて活躍。1993年「細野晴臣」監修によるYMOカバーアルバム「Who's YMO 再日本製」に参加。1993年ダンスポップユニット「Misty Eyes」結成。95年キングレコードよりメジャーデビュー。96年リリースのシングル「MIND EDUCATION」がラジオドラマ『新機動戦記ガンダムW BLIND TARGET』の主題歌に起用され注目される。その後ポニーキャニオンへ移籍。5年間の活動期間に8枚のシングル、3枚のアルバムリリース。活動休止後の2010年シングルA面・B面を完全網羅したベストアルバム「Misty Eyes Perfect Best」をキングレコードよりリリース。1999年「PENICILLIN」のヴォーカリスト「HAKUEI」と「hide with Spread Beaver」のギタリスト「Kiyoshi」による「machine」に参加。以降15年間に渡りレコーディング、ライブ共にサポート。2000年「I/O(アイオー)」結成。ロボットボイスを大々的にフューチャーした近未来サウンドは業界内外で注目を集める。2005年よりDJ集団「F-Factory Japan」に所属。多数のイベント、クラブDJのレギュラーを務める。潜伏期間を経た2020年「コウラカツハル」名義でソロデビュー。本人曰く「終活に向けての集大成になる」とのこと。

    アーティストページへ

SYNCTANK RECORDS