シロップのジャケット写真

歌詞

シロップ

Hecatoncheir sisters

イかれちまったな

錆びたネジ 身体をくすぐる

動いてる ロッキンチェアー

軋む音だけ聞こえてる

濡れた月は今でも

閉ざされた電気屋の

屋根の上 光垂らしてる

ここがどこだかわからないのに

天国が近付いた気がする

黒い下着が透けている

それでも純粋な女の子

灰色の空を

どこまでも 堕ちていくグライダー

風が吹いたらさ

あの雲を 抜けたらいいのに

死んだように眠りたい

それだけの為に 神の名を口にして

そのまま 二人キスをする

息が出来なくなって

ここがどこだかわからないのに

天国が近付いた気がする

黒い下着が透けている

それでも純粋な女の子

ここがどこだかわからないのに

天国が近付いた気がする

  • 作曲

    Hecatoncheir sisters

  • 作詞

    スマイユウキ

シロップのジャケット写真

Hecatoncheir sisters の“シロップ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

シロップ

Hecatoncheir sisters

  • ⚫︎

    シロップ

    Hecatoncheir sisters

新型コロナウイルス感染拡大を受け、2020年内の自主的屋外活動の自粛を発表したHecatoncheir sisters。

リモートでの作曲・編曲、各自自宅でのレコーディング。
スタジオででかい音出して作っていたときとは少し違う、新しい一面を見られる曲。

アーティスト情報

  • Hecatoncheir sisters

    Hecatoncheir sisters 大阪発のロックバンド。詩的な歌詞をストレートなサウンドに乗せて圧倒的なステージングを見せる。 今、大阪で一番熱いシーンを演出するのはこのバンド。

    アーティストページへ

"