春時雨のジャケット写真

歌詞

春時雨

羽田 敬

赤い駅の屋根を 今朝降り出した四月の雨が

音も無く濡らす 人混み避けホームの最後尾

消えかかった白線についた

泥が少しずつ流れてく

どこかで自転車のベルが しきりに鳴っている

顔を上げると線路の向こう 傘を振る君

「おはよう」声かけると

「待ってて」と笑う

雨は時とともに 少しずつ強くなっているのに

不思議と日が差して 逃げるように早く流れる雲

雨粒が反射して辺り キラキラと白くなる

つかの間 電車のベルが しきりに鳴っている

顔を上げると階段 駆けて手を振る君

「早く」と怒鳴ると

「バカ」と笑う

  • 作曲

    羽田 敬

  • 作詞

    羽田 敬

春時雨のジャケット写真

羽田 敬 の“春時雨”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

"