はじめましてのジャケット写真

歌詞

カタクリの花

sowhei

扉の開いた隙間から 誰か覗くような

そんな気配を感じてた 小さい頃の記憶

トイレへ行くの怖くて 手を引く母の手を

必要としなくなったのは いつ頃からだろう

チカチカした街頭の下 遅くまで遊んだ

泥まみれの思い出が 小さい頃の記憶

遊んだ後の晩ご飯 家族とよく行った

お店へ行かなくなったのは いつ頃からだろう

忘れながら僕ら 大人に変わっていく

懐かしむだけだって たまにはいいでしょ

Lalalalala・・・lalalala・・・

Lalalalala・・・lalalala・・・

扉の開いた隙間から 誰か覗くような

そんな気配を感じてた 小さい頃の記憶

トイレへ行くの怖くて 手を引く母の手を

必要としなくなったのは いつ頃からだろう

  • 作曲

    sowhei

  • 作詞

    sowhei

はじめましてのジャケット写真

sowhei の“カタクリの花”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • sowhei

    日常の中の小さな出来事を掬い取るように歌う。2012年5月 1st maxi single「風景と現実の中で」リリース。その後、2014年からの潜伏期間を経て、2018年2月 1st mini album「いつかは歌になる」をリリース。2020年5月初のdigital single「雨の踊りて」をMVとともに同時発表。2021年6月には3曲入りdigital EP「はじめまして」を発表。

    アーティストページへ


    sowheiの他のリリース

kibi records

"