トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

ドイツ生まれの日本人ラッパーのBlumioがドイツ文化センターのゲーテ・インスティトゥート東京との共同プロジェクト「#BlumioXGoethe」に帰ってきた!新曲6曲を発表します。日本とドイツ両方の文化にルーツをもつブルーミオが、アイデンティティや社会的慣習などのパーソナルなトピックについて日本語とドイツ語のラップで歌い上げます。
「Heimweh(ホームシック)」では、Heimat(故郷)あるいはHeimaten(その複数形)の概念について、日本とドイツでのさまざまな記憶に思いを馳せます。

過去プレイリストイン

HEIMWEH

Spotify • tuneTracks Weekly • 2021年10月2日

アーティスト情報

  • Blumio

    ドイツ生まれドイツ育ちの逆輸入ラッパー。 2005年に「Meine Lielingsrapper(俺のお気に入りのラッパー)」という楽曲でドイツでデビュー。12人のラッパーの特徴を掴んだ楽曲が話題となり、2009年に発表したシングル「Hey Mr.Nazi」というネオ・ナチとの対話を試みた楽曲が評判となり、YouTubeで1700万再生という大ヒットとなる。 その後も精力的に活動を続け、ドイツで通算5枚のアルバムをリリースし、2016年には、両親のふるさとである日本に活動拠点を移す。 2018年に日本デビューミニアルバム「でも」をリリース。 2020年にはYouTubeにて日本のラップシーンの大物の声とリリックを真似た楽曲「ラッパーものまね」と有名ユーチューバーブライアンへ向けた早口ラップ「ブライアンへ」をアップし両者100万回再生を超え、国内でも注目を集めている。

    アーティストページへ