手を合わせたのジャケット写真

歌詞

手を合わせた

緋鬼籠帝國

手を合わせたノーベンバー

薄情さを僕と重ねた

青く曇る窓に映った少年

なにもかも初めから持ってないもの

ありふれた聞き飽きた

当たり前に恋してた

手の中にあるものは

ぐしゃぐしゃになって

元々はなんだっけ、

でも捨てられないや

誰にもわかりっこない孤独や

誰にもわかりっこないねじれが

今も青あおしく育って

体の真ん中で根を張る

手を合わせたノーベンバー

薄情さに僕を重ねた

空っぽで全て半端なとこが似てる

ワーストノーベンバー

冗談みたいな人生だったって

重ねた、青く曇る窓に映った少年

かすれて読めない書き残しとか

眩しさに目を伏せたりとか

人混みの中で誰とも通じない

透明な座標でじっと浮かんで

「僕はここにいる」なんて

もう不確かです

夏の星 夜の街 知らす蝉

こだまして窓と胸の内

畦の道 影帽子 烏瓜

ジリジリ枯れ鳴らす

抜け落ちた思い出の途中にひとり

立っている待っている

なぜか泣いている

誰にもわかりっこない孤独や

誰にもわかりっこないねじれが

今も青あおしく育って

体の真ん中で根を張る

手を合わせたノーベンバー

薄情さに僕を重ねた

空っぽで全て半端なとこが似てる

ワーストノーベンバー

冗談みたいな人生だったって

重ねた、青く曇る窓に映った

また空を睨んだ少年

  • 作曲

    田口 悟

  • 作詞

    田口 悟

手を合わせたのジャケット写真

緋鬼籠帝國 の“手を合わせた”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    手を合わせた

    緋鬼籠帝國

アーティスト情報

  • 緋鬼籠帝國

    緋鬼籠帝國(ひきこもていこく)は、株式会社AMATERASUの代表「緋鬼籠六花」が築いた新しい國。ひきこもることが「悪」とされる世の中に疑問を感じた我々が、「ここでいい。ここがいい。」を合言葉に、ひきこもりがひきこもったまま輝ける世界を目指します。 この緋鬼籠帝國に関わる人は全員がひきこもり経験者です。ひきこもり当事者だった六花プロデューサーが、自分自身の経験した焦りや世の中への疑問を昇華し、同じような経験や境遇を持った方に寄り添えるアーティストとして活動します。

    アーティストページへ


    緋鬼籠帝國の他のリリース

株式会社AMATERASU

"