ubivisのジャケット写真

歌詞

Radiant

Mary Banri

1度だけ人生をやり直せるとしたら

また私になりたい

間違いをしながら正していく

そんな術を学びながら

流れ星を待っている

辛いニュースが

今日を終わらせていく

世界中いつでも泣いている

心の奥 見つめ直して また

優しさの意味 考えていた

晴れた夜空を見ている

良いことじゃなくてもいいの

しあわせなことじゃなくてもいいの

ただ あなたのすぐ横にいて

笑っていられたら

私は自分を好きでいられるよ

愛しくて それでも手放して

プライドだけ積みあげてきたの?

背を向けた自分の弱さだって

愛せるように包みこむよ

ビルのうえに三日月

うまい事も言えないけど

不安になる日もたくさんあるけど

暗闇にも光をくれたあなたのように

明るくありたい たとえ苦しくても

良いことじゃなくてもいいの

しあわせなことじゃなくてもいいの

ただ あなたのすぐ横にいて

笑っていられたら

私は自分を好きでいられるよ

良いことじゃなくてもいいの

しあわせなことじゃなくてもいいの

ただ あなたがすぐそばにきて

笑ってくれるなら

私は未来を好きでいられるよ

  • 作曲

    Mary Banri

  • 作詞

    Mary Banri

ubivisのジャケット写真

Mary Banri の“Radiant”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

自身による全曲オリジナル13曲収録の1st album。
ubivis=「どこまでも続く空のように、どこ
までも続く人と人の繋がり。慌ただしい現代の日常生活のなかでいつも‘共に在る’存在の貴しさ」

アーティスト情報

  • Mary Banri

    Mary Banriとは、[どこまでも続く同じ空]という意味合いを持ち、隔たりのない世界への願いが込められている。 幼少期よりクラッシックピアノと作曲をはじめ、13 歳からロック、ソウル、ジャズ、AORなど幅広いジャンルに影響を受け、音楽活動を始める。 のちにメジャーレーベルと契約し、ユニット活動をスタート。 自身が作詞作曲した楽曲がCM曲に起用され、全国各地ライブツアー、ラジオやテレビ出演等の活動を経験。その後、2018年より「Mary Banri」としてソロプロジェクトを開始。 洗練されたメロディーと歌声、オーセンティックなサウンドは、ライフスタイルに彩りを添えるようなあたたかさを表現している。 2020年2月2日には全オリジナル楽曲、作詞作曲アレンジを自身が手がけた 1st フルアルバム「ubivis (ウビビス)」(全13 曲収録) を発売。

    アーティストページへ

Felix Ala

"