ubivisのジャケット写真

歌詞

This Love

Mary Banri

隠していた恐れにサヨナラしたんだ

自分の息で 呼吸で また目を覚ます

どんなに長い夜でも遥かな遠い空に

太陽が朝を連れて来て

始まりにかえてくれるの

あなたが望むような私なのか

自問で記憶を押しつぶしそう

なにか失うたび もう迷わずに

笑顔をあげたい 前を向いて

形になれないすべての想い 言葉が

鮮やかな色をしている

愛のなかで生きていく

こんな気持ちを ずっと願っていた

傷つくことに慣れても

心は泣けてくるんだ

“自分を責めたりしないで”と

風になってあなたは言うね

時間が過ぎるたびに生まれ変わろう

痛みを堪えた孤独も忘れ

なにを失っても 見つけていける

小さな喜び 感じるまま

陽射しに包まれ 悲しみ抱いて

涙を止められずにいるけど

愛のなかで生きていく

こんな強さを ずっと願っていた

形になれないすべての想い 言葉が

鮮やかな色をしている

私はいつまでも歌う

あなたのために

この愛のために

私はいつまでも歌う

あなたのために

この愛のために

  • 作曲

    Mary Banri

  • 作詞

    Mary Banri

ubivisのジャケット写真

Mary Banri の“This Love”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

自身による全曲オリジナル13曲収録の1st album。
ubivis=「どこまでも続く空のように、どこ
までも続く人と人の繋がり。慌ただしい現代の日常生活のなかでいつも‘共に在る’存在の貴しさ」

アーティスト情報

  • Mary Banri

    Mary Banriとは、[どこまでも続く同じ空]という意味合いを持ち、隔たりのない世界への願いが込められている。 幼少期よりクラッシックピアノと作曲をはじめ、13 歳からロック、ソウル、ジャズ、AORなど幅広いジャンルに影響を受け、音楽活動を始める。 のちにメジャーレーベルと契約し、ユニット活動をスタート。 自身が作詞作曲した楽曲がCM曲に起用され、全国各地ライブツアー、ラジオやテレビ出演等の活動を経験。その後、2018年より「Mary Banri」としてソロプロジェクトを開始。 洗練されたメロディーと歌声、オーセンティックなサウンドは、ライフスタイルに彩りを添えるようなあたたかさを表現している。 2020年2月2日には全オリジナル楽曲、作詞作曲アレンジを自身が手がけた 1st フルアルバム「ubivis (ウビビス)」(全13 曲収録) を発売。

    アーティストページへ

Felix Ala

"