INVISIBLE Wallのジャケット写真

歌詞

INVISIBLE Wall

Lalami

こんな毎日に ちょっと疲れたから

「おかえりなさい」の声 近くで聞きたい

独りで居なくていい そう言って欲しかった

誰も居ない夜は 寂しすぎたから

冷たいガラス越し 見つけた楽園が

今生きる理由になったんだ

このまま手を伸ばした先に

触れられそうな距離に 君はいる

僕らの夢が叶う未来に 壁を乗り越えて

会いに行くから 待っていて

ずっと我慢して 誰かに遠慮して

好きなことするのも 難しくなったね

ほら 言いたいこと また飲み込んだでしょ

わがままでもいいよ 私の前では

触れ合うガラス越し 届いた暖かさ

新しい時代になったんだ

あの空 手を伸ばした先に

同じ青の下に 君はいる

僕らがいま 気付いた世界

壁を乗り越えて そばに居るから

感じてて

触れ合うガラス越し 届いた暖かさ

新しい時代になったんだ

あの空 手を伸ばした先に

同じ青の下に 君はいる

僕らがいま 気付いた世界

壁を乗り越えて 会いに行くから

感じてて その先へ

  • 作曲

    Lalami

  • 作詞

    Lalami

INVISIBLE Wallのジャケット写真

Lalami の“INVISIBLE Wall”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    INVISIBLE Wall

    Lalami

Lalami活動9周年メインソング。リアルなライブが難しく、配信中心の世の中になるつつある現代の、ファンと表現者のあり方をリアルに歌詞に込めた楽曲。

アーティスト情報

  • Lalami

    事務所ナシ、コネもナシ...セルフプロデュースで出身地・新琴似から活動を始め、地道に全国を周りファンを増やしてきた。 2020年1月には初の全国流通版シングル「PAPAPAN!」をリリース。新琴似町民も撮影に参加したジャケットが注目を集めた。 コロナ禍以降は活動拠点をネットに移し、毎日配信で歌を届ける新ジャンル「ライバー」の世界でファン層を拡大する。 2021年3月には”ライバー歌手”として新千歳空港の駅広告で紹介される等、少しづつ活動が注目を集めている。

    アーティストページへ


    Lalamiの他のリリース

YaRuKi Switch

"