フィルムのジャケット写真

歌詞

フィルム

馬渡魁也

暖かい木漏れ日が差し込んで

君はまだ夢の中を旅をしている

愛おしいその寝顔 残そうと

古いカメラのファインダーを

覗いて 目が合った

些細な仕草も逃さないように

小さな変化も見落とさないように

何でもないような

会話や風景が

鮮やかに美しく

色づいていく

今クシャッと笑った

無邪気な君を

忘れないように 残すんだ

この小さなフィルムに

騒がしい街並みに逃げ込んで

僕らしくあることに怯えていた

そんな時君と出会って

包み込むような優しさで

弱い僕を受け入れてくれたんだ

何でもないような

会話や風景が

鮮やかに美しく

色づいていく

流行りもので着飾ったような僕を

君が変えてくれたんだ

このフィルムの中で

その笑顔切り取ったこのフィルムも

色褪せてしまう日が来るのかな

何でもないような

会話や風景が

鮮やかに美しく

色づいていく

今クシャッと笑った

無邪気な君を

忘れないように 残すんだ

この小さなフィルムに

物語は続くんだ

このフィルムのように

  • 作曲

    馬渡魁也, Izumi Ryota

  • 作詞

    馬渡魁也, Izumi Ryota

フィルムのジャケット写真

馬渡魁也 の“フィルム”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    フィルム

    馬渡魁也

アーティスト情報

  • 馬渡魁也

    2000年3月20日生まれ。 ''好きなことを好きな時に好きなだけ'' そんな自由な心で生きる、シンガーソングライター。自然を感じさせるオーガニックなサウンドと爽やかな歌声で、聞く人の心を癒し、寄り添う。 2017年8月より、福岡を中心に活動を本格的にスタートさせ、翌年4月に1st mini album「Smiley Days」を全国リリース。 半年後にはアクロス福岡 円形ホールにて100人規模の1stワンマンライブ「ソルフェジオ」を成功させる。 2022年3月20日には、福岡国際会議場にて1000人規模のワンマンを開催し、今後の活躍が期待されるアーティスト。

    アーティストページへ


    馬渡魁也の他のリリース

Kaiya Mawatari

"