のジャケット写真
Hope Islandのジャケット写真

Hope Island

-

KAIKI

Hope Island

  1. Gentle Rising
  2. YOLO
  3. Be With You
  4. 海の声 ~voice of sea~
  5. Blue Cave
  6. SUMMER BREEZE
  7. ごはんのかおり
  8. 海 空 風
  9. Wonderful Life
  10. たしかなこたえ (feat. Ayasa)
  11. Message
  12. ただ I Love You
  13. Chillin’
  14. Little Bird
  15. Life on the beach

全曲聴き終えると見える光景は「There is always light behind the clouds.」(雲の向こうは、いつも青空。)
この夏、ウクレレスタンダードミュージックとなる1枚が堂々完成しました。

2017年7月に自身初となるミニアルバムをリリースして以降、徐々に頭角を現してきたウクレレシンガーKAIKI。2018年の夏のハワイ系イベントには多数出演が決まり、注目が集まっている。
今回のアルバムは過去にリリースした名刺代わりのミニアルバム2枚とは別のアプローチで制作している。Carlos K.、Akira Sunset、DJ CHIKA a.k.a INHERIT、岡嶋かな多など日本を代表するプロデューサー陣とのオーストラリアキャンプによって生み出された至極の1枚に仕上がっている。この夏、最高のドライブミュージックとなるであろう「YOLO」や海辺で聴きたくなる「SUMMER BREEZE」、大好評の「Aloha Hawai'i Calendar 2018」の特典CDでしか聴くことができなったハワイを感じる「Be With You」「Blue Cave」などウクレレシンガーだからこそできる楽曲が誕生した。
全14曲というボリュームではあるが、あっという間に時間(とき)が過ぎてしまうほど聴き入ってしまう。
確実にウクレレの世界へトリップできること間違いなし!

KAIKI

◆ KAIKI(カイキ) ◆ 1994.5.29 生まれ(23)  ◆ ウクレレシンガー 甘い歌声 爽やかなルックス 波の音や潮の香りを 感じさせてくれる ピースフルなウクレレの音色 3歳で初めてウクレレを手にし、音楽に包まれて育った彼は完全独学で幼少期からウクレレで弾きたい曲を耳コピし続け、小学生時代にはウクレレプレーヤーとしてハワイ州観光局主催のイべントなどに出演。 13歳でインターナショナルスクールに通い英語に触れ、海外、洋楽に興味を持つ。両親の影響で中学時代から聴き始めたJAZZにハマり、13歳から15歳までJAZZフェスティバルにウクレレプレーヤーとしてビッグバンドをバックに演奏。 中学卒業と共に海外大学進学を目指し高校認定資格を取得後、 医師を志し18歳で単身フィリピンへ渡り、19歳で4年制大学の準医学部を1年半で卒業。 帰国後はSNSを中心にウクレレシンガーとして確かな実力を武器に、夏や海、ビール、など様々なライフスタイルとともに楽しむ歌や音楽を提供する。また、海の家でのライヴ出演や、全米No.1のクラフトビールで知られる「BLUE MOON」の表参道Commune246店舗にてコラボレーションライヴを開催。2017年3月10日にはJZ Bratでの初のワンマンライブで1部に2部ともに即日完売させ、ライブの注目度の高さも見せつけた。今年の7月には自身のレーベル「Island Life」より、待望の1st ミニアルバム「Island Life -Day Time Cruise-」をリリースする。

Island Life