今日、京都とミカと猫。のジャケット写真

歌詞

だいふく

Poetic Mica Drops

土曜日 晴れ お昼過ぎ

板の間に降りそそぐ日ざし

「ただいま」の声に食卓へあつまる

——お土産、あるよ

お父さんはどら焼き

妹はみたらしか三色団子

あたしは決まって栗まんじゅう

それからお母さんは、いつも豆大福だった

——ミカもどう?

すすめられたけど

あたし豆のごりごり、好きじゃないような気がして

いらないよって首ふった

そしたら、もう食べられなくなった

なんだ 豆、ほくほく

甘塩っぱくて、やわらかくて……

どうしてあの時あたし

一口もらわなかったんだろう

同じものはいつだって手に入る

でも

——ミカもどう?

差し出されたあの豆大福は

二度と味わえない

どうしてあの時あたし

この時間は永遠に続くだなんて

信じて疑わなかったんだろう

いらないよ、って首ふった

土曜日 晴れ お昼過ぎ

  • 作曲

    茂野雅道

  • 作詞

    草間小鳥子

今日、京都とミカと猫。のジャケット写真

Poetic Mica Drops の“だいふく”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

「僕らはみんな、のら猫——。」2021年、LINE NEWS 「VISION」より好評配信されたポエトリーリーディングドラマ『今日、京都とミカと猫。』(監督: 宮嶋風花/出演,詩,音: Poetic Mica Drops)。ドラマでは、都会の生活に疲れ、生まれ故郷・京都へ帰ってきたミカの出会いと変化、そして猫との絆が描かれた。本作では、ドラマで使用された楽曲を新たに再編集し、未公開のリーディングも収録。ドラマとは一味違う、登場人物の心の内面が浮かび上がる。あなたにも、こんな気持ちを抱いたことがきっとあるはず。耳に残るテーマ曲「のらねこダンス」も収録! ポエトリーリーディングユニット「Poetic Mica Drops」= 声: 熊谷弥香/詩: 草間小鳥子/音: 茂野雅道

アーティスト情報

PMD

"