今日、京都とミカと猫。のジャケット写真

歌詞

きおく

Poetic Mica Drops

思い出は未来を戦う力だ、ってきいたことある

なのに

しあわせな記憶は、あたしの胸をぎゅっとして揺さぶる

足もとがすくわれ、「いま」が崩れ落ちる

失ったときに落っこちる穴があって

あたしはなんども失って

穴の底から空を見上げた

なんども なんども

細い昼の月が迷子みたいに浮かんでた

たくさんの人がやってきては通り過ぎていって……

ぼうろ、きっとあんたも

「ねぇ、のら猫に戻る?」

「……のら猫は、あたしのほう」

いつか ずぅっと前

窓から眺めていた

ちょうどこんなふうに

肩を震わせ遠ざかっていったちいさな背中

ふり向かない後ろ頭

いつまでも戻らなかったひと

  • 作曲

    茂野雅道

  • 作詞

    草間小鳥子

今日、京都とミカと猫。のジャケット写真

Poetic Mica Drops の“きおく”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

「僕らはみんな、のら猫——。」2021年、LINE NEWS 「VISION」より好評配信されたポエトリーリーディングドラマ『今日、京都とミカと猫。』(監督: 宮嶋風花/出演,詩,音: Poetic Mica Drops)。ドラマでは、都会の生活に疲れ、生まれ故郷・京都へ帰ってきたミカの出会いと変化、そして猫との絆が描かれた。本作では、ドラマで使用された楽曲を新たに再編集し、未公開のリーディングも収録。ドラマとは一味違う、登場人物の心の内面が浮かび上がる。あなたにも、こんな気持ちを抱いたことがきっとあるはず。耳に残るテーマ曲「のらねこダンス」も収録! ポエトリーリーディングユニット「Poetic Mica Drops」= 声: 熊谷弥香/詩: 草間小鳥子/音: 茂野雅道

アーティスト情報

PMD

"