KZ LIVE AWA SPECIAL (Live at YELLOW BASE, OSAKA, 2020) Front Cover

KZ LIVE AWA SPECIAL (Live at YELLOW BASE, OSAKA, 2020)

-

KZ

KZ LIVE AWA SPECIAL (Live at YELLOW BASE, OSAKA, 2020)

  1. Hajimari no story (Remix Live at YELLOW BASE, OSAKA, 2020)
  2. TGIF (Live at YELLOW BASE, OSAKA, 2020)
  3. Bad Day (Live at YELLOW BASE, OSAKA, 2020)
  4. KETSUI (Live at YELLOW BASE, OSAKA, 2020)
  5. Phantom Thread (Live at YELLOW BASE, OSAKA, 2020)
  6. that's it (Live at YELLOW BASE, OSAKA, 2020)

LIVE of 200530[HANAKIN Vol.50] at YELLOW BASE

KZ

【info】 場所は、大阪の北側の繁華街、再開発が進む梅田駅。 阪神百貨店と阪急百貨店をつなぐ歩道橋。 そこでは毎週、土曜の夜に日本一有名なサイファーが行われている。 それは10年以上前のフリースタイルの黎明期から始まった。 「ラップ好き」達が、特に決まりもなく集まりだし、毎夜ラップを楽しみあい 今では、耳の超えたヘッズが垂涎もののをラップをする集団となった。 その梅田サイファーの初期メンバーであり中心的な人物である KZ がソロアルバムをリリースする。 これまでは、梅田サイファーとして 13 年に「 SEE YA AT THE FOOTBRIDGE 」を 16 年に「 UCDFBR sampler Vol.2 」をリリースし、 17年には KZ and doiken で「 (not only) Two Sides 」をリリース。 今作のソロアルバムは「どんな人生でも素晴らしく、美しい」をテーマに 自身のキャリアスタートの少し前から、ここまでを描き切った作品。 ビートはサンプリングを主体としながら、アップデートされたものが多く リリックの力と相まって、独特のエモーショナルさを生み出す。 人生の岐路に立ち悩みつつも、幸せへ帰結するように祈り綴った歌詞、 それは男女や職業や年齢、また生い立ちに主義主張が異なれどフィットする作品となっている。 フィーチャリングは、梅田サイファーからふぁんく、ILL SWAG GAGA、テークエム、Kenny Doesが参加。 息の知れた仲だからこそ、作り得た曲が並ぶ。 7 年続く鰻谷の地下一階のステップ、8 年続く河合の高台のブース、 10 年続く中崎の高架下のダンス、11 年続く土曜の歩道橋のライム そして1枚の、このアルバムから愛を込めて。

Artist page

DFBR