まけんな

  1. まけんな

大門弥生

Singer / Song Writer / DJ / Producer JAPANESE FEMINIST 強めの女子代表。 関西弁で歌う、ヒールで仁王立ち、濃いめのリップに黒髪が日本一似合う女性アーティスト。 ブラックミュージックに強く影響を受け、セルフプロデュースし活動。 2017年、同時リリースした「Choose Me feat Reichi 」「メロンソーダ feat Rei©hi」が話題となり、 YouTubeは合計 “300万回” 以上再生され、Choose Me は iTunes レゲエチャート 1位を獲得。 多数のテレビやラジオでも取り上げられ、音楽番組(FUJI TV)「LOVE MUSIC」では スタッフが選ぶ期待のアーティストとして番組史上初めてインディーズアーティストとして選ばれた。 ソロ活動後、国内外で年間80本以上のLIVEを行い日本のストリートシーンに頭角を現した。 クラブシーンでは DJ×LIVEという、オリジナルダブ(音源)やMCも織り交ぜたオリジナルスタイルでのステージで観客を魅了。今現場で最も注目されるアーティストの一人である。 2018年には、関西の兄貴分的存在の「SHINGO★西成」プロデュースで『ヒールで仁王立ち』をリリース。 続けて、FEMINISMをテーマに『NO BRA! feat.あっこゴリラ』をリリース。MUSIC VIDEOは瞬く間に100万回再生を超える。 この二曲は今後の大門弥生のイメージとなる”女が無理とか出来ないとか偉そうに言ってたん誰かな~?!!”、”My Pussy My Choice”など彼女の叫びはステージでも客を圧巻させるほどのパワーを持ち、「強め女子」として、世界各国の女子達から支持を受けている。 また、FEMINISTとしての活動として、2015年より、女性アーティストの向上を目指し出演者が女性のみのイベント 「GIRL’S POWER」をプロデュース開催。 2013年にソロとしてのキャリアをスタートさせて彼女だが過去には、10代という若さでありながら大阪のクラブシーンにてHIPHOPダンサーとして数々のイベントに出演。 更には、テレビ東京 ”ウェルカムTV” で2000組の中から選ばれ”rhythmic”としてのメジャーデビューも経験している。(HEY×3 などの番組の主題歌も担当した。) 歌手活動の傍ら、avexでダンスインストラクター・振付師としても契約をしておりa-nation など、数々の大舞台のプロデュースも行う。 そして、2020年 三年半の集大成となるBEST EP『GIRLS』を三枚連続リリース。 Strong, Love, Diamonds と3つのコンセプトに分かれたEPは強めの曲からバラード、HIPHOPからDANCE HALL、レゲエまで幅広く収録されている。 更にアップグレードされた大門弥生の今後に日本の音楽シーンはかなりの期待が高まっている。

アーティストページへ

Schwaza Records