心に太陽 くちびるに歌をのジャケット写真

歌詞

芽吹き

佐脇由佳

あ 風

あ 雨

あ 土

なにかが呼んでる

こころ

指が

触れた愛おしさ

生きると決めたこの魂に

ささり流れ出す雫は

ひとりじゃ掬いきれないから

そっと手をのばすよ

生まれたがってる

声が聞こえる ぼくの中で

誰かや何かのせいにして

逃げるのはもうやめよう

痛み悲しみ喜びも

あの夕陽が包み込んでくれるから

ひらり

ぽとり

ちくり

小さく震える

繋ぐ

重ねる

とける

温かな重み

自分らしさを盾にして

守り遠ざけた喜び

間違いなんてありはしないのに

息潜め泣いてた

愛を歌うよ届くまで

この声のかぎり

いつかくる終わりの日に

君と笑っていたいから

世界中の誰よりも

君が大切さ大好きさ ずっと

きれいになんて生きられない

握りしめた手をのばす

ここで生きる意味

出会えた奇跡が

こころに芽吹きだす

  • 作曲

    佐脇由佳

  • 作詞

    佐脇由佳

心に太陽 くちびるに歌をのジャケット写真

佐脇由佳 の“芽吹き”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

喜び 悲しみ すべてを抱きしめ
歌い続ける佐脇由佳
今日を生きるあなたに響く
心ゆさぶる命の歌

アーティスト情報

  • 佐脇由佳

    北海道帯広市生まれ。
5歳よりクラシックピアノを始める。幼少期からステージで歌う経験を積み、10代でミュージカル俳優養成所にて歌唱、クラシックバレエ、ジャズダンス、演技の基礎を身に付ける。後に声楽を学び、さらに表現者としての研鑽を積む。
出産後は育児をしながら、リトミック教室で歌のお姉さんとして活動を再開。 現在は北海道内外でのライブ活動、NPO主催のチャリティライブ、教育機関への出前コンサート、札幌ドームや札幌コンサートホールkitaraでのイベント出演の他、神社社殿でのライブ、企業への楽曲提供も手がける。 自宅スタジオや教育機関でボイストレーナーとして、子どもから大人まで幅広い世代を指導。ミュージカル音楽、映画音楽、歌謡曲やポップスなどジャンルを問わないレパートリーが持ち味。 「泣いて、笑って、歌って、生きて」をモットーに、命と向き合い暮らしを愛おしみながら音と歌を紡いでいる。 2018年に希少癌を発症、2021年に再発 2019年よりオリジナルソングを作り始める。 2020年9月 1stアルバム「心に太陽 くちびるに歌を」リリース 2020年11月 ライブレコーディングミニアルバムリリース 2121年4月 『エコチルライブ』エンディングソングに「またたき」が起用 2022年7月「今を生きる」ミニアルバムリリース

    アーティストページへ


    佐脇由佳の他のリリース

YUCCAFE RECORDS

"