トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

ピアニストあびる竜太が様々な編成とスタイルで創作した、オリジナル8曲を含む全10曲の意欲作

過去ランキング

Casita

Apple Music • インストゥルメンタル トップアルバム • ハンガリー • 12位 • 2019年12月21日 Apple Music • ラテン トップアルバム • ハンガリー • 51位 • 2019年12月21日 Apple Music • ラテン トップアルバム • 日本 • 101位 • 2021年3月8日 Apple Music • ラテン トップアルバム • 中国 • 106位 • 2022年1月27日 Apple Music • インストゥルメンタル トップアルバム • 中国 • 193位 • 2022年1月27日

Pus Pus

Apple Music • インストゥルメンタル トップソング • ハンガリー • 57位 • 2019年12月21日

アーティスト情報

  • あびる竜太

    幼年よりピアノを学び、東京音楽大学付属高校に入学。 ピアノ科を首席で卒業。 高校卒業後、アメリカ ボストンのバークリー音楽大学に入学。 キューバにてラテンピアノをパウリートFG、グルーポニーチェのピアニスト、 セルヒオロニョーナ、アフロキューバンオーケストラのアルチェランに師事した。 帰国後ジャズやラテン音楽を基盤に、ライブ、コンサート、スタジオワーク等で活動。 様々なコンボでの活動の他に、ビッグバンドプレーヤーとして 岸義和(tp )ビッグバンド、稲垣貴庸( ds)ビッグバンドなどに在籍。 また、岸のりこ(vo)、山岡未樹(vo)など、歌手のサポートプレイヤーとしての評価も高く、寺井尚子(vil)、チャリート(vo)、ジョー・バターン(vo)、カリストオビエド(per)、ジョバンニ・イダルゴ(per)などの、国内外のアーティストとの共演歴も豊富。 現在まで6枚のリーダーCDを発表し、アルバムがジャズデスク大賞にノミネート。雑誌 男の隠れ家2012の特集<音楽の専門家が勧める 必聴 必見 のライブ盤ジャズディスク34枚>にも選ばれる。 現在は自身のグループでの活動の他に、オルケスタデラルスのNORA(vo)のソロユニット、ラテンジャズバンド『どんでどん』などにも参加。 また編曲家として、バービーボーイズの杏子(vo) 「 恋するBAILA BAILA 作詞:湯川れい子 作曲:筒美京平」 や、所属する東京キューバンボーイズなどに作品を提供。 その演奏スタイルは『ジャズ(ビバップ)の基盤に裏付けされたリリカルな旋律と、ラテンの躍動感が絶妙に交錯する独創性豊かなスタイル』と高く評されている。

    アーティストページへ


    あびる竜太の他のリリース

Plasencia Music