SUNSET BEACH (feat. 岩見十夢 & 棟元名美)のジャケット写真

歌詞

SUNSET BEACH (feat. 岩見十夢 & 棟元名美)

drumsbo

思いついた言葉が すべて歌になってメロディーの中を

縦横無尽に動き回っていくみたいに

力一杯 投げたフリスビーがたとえ自分が思い描いた方向へ

飛ばなくても 必ずどこかには着地するように

ねえ今まで何度 日は登り沈んだ?

ねえ 今まで何度?何度?

気の向くままに 赴くままに

この身任せて やってみよっか

有象無象の誇大妄想 浮かんでは消える 未来の肖像

まるでずっと前から決められていたような

神様の気まぐれ みたいな夕暮れ

アムステルダムへ移住した あの子も

田舎に帰っていった あいつも

この街に取り残されてしまった僕も

大きな大きな流れの中で

所詮僕ら流されて生きている

大きな大きな流れの中で・・・

満ちては引いて 引いては満ちて

また満ち足りたそばから翳りゆく

今 ここ SUN SET BEACH

ここから眺める街の灯りが

どうしてこんなにキレイなのかわかる?

そう ここから見えるのはただ

滲む色彩の美しさだけだ

悲喜交々の人生ドラマも

目的も ましてやメッセージもない

あらゆるフィルターを通して純化されて残った

結晶のような 美しさだけだ

思いついた言葉が すべて歌になってメロディーの中を

縦横無尽に動き回っていくみたいに

力一杯 投げたフリスビーが

たとえ自分が思い描いた方向へ飛ばなくても

必ずどこかには着地するように

ねえ今まで何度 日は登り沈んだ?

ねえ 今まで何度?何度?

気の向くままに 赴くままに

この身任せて やってみよっか

ねえ今まで何度 日は登り沈んだ?

ねえ 今まで何度?

Oh・・・

  • 作曲

    drumsbo

  • 作詞

    岩見十夢

SUNSET BEACH (feat. 岩見十夢 & 棟元名美)のジャケット写真

drumsbo の“SUNSET BEACH (feat. 岩見十夢 & 棟元名美)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    SUNSET BEACH (feat. 岩見十夢 & 棟元名美)

    drumsbo

drumsbo(ドラムスボー)が放つ3rd singleはチルなバラード!
ボーカルにはNHK番組「シャキーン!」でお馴染みの「ザ・ぶどうかんず」メンバー岩見十夢氏を迎え、アンニュイでどこか切ない都会の夕暮れを情景が溢れてくる歌詞と透き通った歌声で表現。演奏は沖縄のチェリスト棟元名美と、ドラムスボーがドラム&ギターを担当。ギター、歌、チェロ、ドラムのシンプルな構成とは思えない、ドラマティックなサウンドと夏の終わりをチル感たっぷりに感じられる岩見十夢氏の独特なストーリーとともに、ぜひ一度堪能していただきたい。

アーティスト情報

  • drumsbo

    DRUMSBO 1人多重録音ミュージシャン 参加バンド: SALADABAR、NATSUMEN、WORSTTASTE ZAZENBOYS向井秀徳/吉田一郎セッション,etc 2021年、活動再開。

    アーティストページへ

  • 岩見十夢

  • 棟元名美

drumsbo

"